クリスマスローズのポット苗購入

 権現堂桜堤で花見をした帰りに、近くの農産物直売所で面白いものを見つけた。苗の売場を物色していた時に家内が見付けたもので、クリスマスローズのポット苗だ。ビニール袋にポット苗が三つ入って580円。格安である。ただしどんな花が咲くかは咲いてみてのお楽しみというもの。

 興味がわいたので、3セット購入してみた。福袋みたいなものだと考えればよいのだろう。3ポット×3セットなので苗は9ポットとなった。百円ショップで鉢皿を、近くのホームセンターでプラスチック製の鉢を購入してきて、有り合わせの培養土で植え付けた。鉢は6号鉢である。素焼きの5号鉢を購入するつもりで出掛けたのだが、最も安価なこの鉢は全体的に小さめな作りなので、迷った挙句6号サイズを選択した。

 例のとおり、鉢底石は入れず、ホームセンターで購入してきた培養土に昨日買ってきた元肥を混ぜ込んで植え付けた。作業としては非常に簡単である。すべての鉢に鉢底から水が流れ出すまで、たっぷりと水やりして植え付けは完了である。

 肥料についてだが、一年間効き目が続くとの触れ込みなので、それを信じれば来年の今日まで追肥をやる必要がないということだ。それだけ長い間、施肥したことを覚えておくことは困難なので、何かメモを作っておいた方が良いかもしれない。時間がある時に作成してみることにしよう。
 普通の肥料なら毎月一回の場合が多いので、月初めに一斉に施肥することにしているのだ。

クリスマスローズ苗(2019年4月15日撮影)
クリスマスローズ苗(2019年4月15日撮影)

 雑多なものが適当に置いてあった棚を整理して、クリスマスローズを並べた。そのうち一つにだけ「クリスマスローズ」とラベルを書いて鉢に挿してみた。判らなくなることはないと思うが、戯れに挿してみたら絵になって、園芸家らしくなったと思う。

 今回購入してきた苗のうちの一つには、既に蕾がついている。どんな花が咲くか楽しみだ。本当は咲かせずに蕾を摘んでしまった方が良いのだと思うのだが、花を見たい誘惑に打ち勝つことはできない相談なのだ。

権現堂桜堤に行ってきました

 埼玉県幸手市の県営権現堂公園(埼玉県幸手市大字内国府間(うちごうま)887番地3)に権現堂桜堤はある。ここは桜の名所として有名で、毎年桜まつり期間中に花見に訪れていたのだが、今年は仕事の関係で満開の桜を見ることができなかった。

権現堂桜堤(2019年4月13日撮影)
権現堂桜堤(2019年4月13日撮影)
権現堂桜堤(2019年4月13日撮影)
権現堂桜堤(2019年4月13日撮影)

 というわけで、今日、一週遅れで桜を見に行ってきた。結論を言うと、まだ十分に楽しめる状態だ。時々桜吹雪が乱舞して、それに得も言われぬ風情を感じる。桜祭りは9日(火曜)で終了しているので、屋台も出ておらず静かに散策を楽しむことができた。

水仙も咲いています(2019年4月13日撮影)
ムスカリも咲いています (2019年4月13日撮影)

 屋台でたこ焼きや今川焼などを買い食いするのも花見の楽しみの一つなのだが、こうして静かに景色を見ながらそぞろ歩きできるのもなかなかよろしい。そして、駐車場にすんなり入れるのは何よりもありがたい。満開頃に自動車で権現堂を目指すと、必ず渋滞に巻き込まれ、駐車場の入口に辿り着くまでに一時間から一時間半もかかることが通例となっているからである。
 今日は待ち時間ゼロで駐車場に入ることができた。買い食いの楽しみはないが、そして最盛期の花を見ることもできないが、こうして時期をずらして名残の桜を見るのもなかなか贅沢なものだ。

 明日は日曜日。今日の明日だから、まだ桜は残っているはずだ。この連載を見た人は迷わず権現堂を目指すべし。

桜吹雪が見えるでしょうか?(2019年4月13日撮影)

美しいオステオスペルマム

 今週もオステオスペルマムが美しく花を広げている。 花弁がピンと伸びて、 花の形が端正なので、まるで勲章が咲いているかのようである。今年初めて植えてみた品種だが、眺めていても飽きるということがない。晩に花が閉じて朝起きてみるとまだ開き切っていない。陽射しを浴びて初めて花弁が完全に開くのである。

オステオスペルマム(2019年4月7日撮影)

 花もちもよく、今の季節でも切り取る花柄は週一回の花がら摘みで一鉢当り二、三本と言ったところなので、手入れも比較的楽だ。平日は昼間に開いたオステオスペルマムを見ることができないのが残念である。

 そういえば、月も改まったのでそろそろ肥料をやらないといけないかな。次の土日に置き肥をしよう。

オステオスペルマム(2019年4月7日撮影)

 そういえば、このオステオスペルマムは多年草のはずだから、花壇に植えても面白いのではないか。ただ、植える候補地の花壇は、花を植える前に手を入れる必要があるのだ。花壇の縁に入れてある煉瓦の埋め込み方に問題があるようなので、少しばかり煉瓦を調達して、花を植える前に、そして暑さがやってくる前に花壇の改造をしたいと思っているのである。

 これまでもガーデニングは植える場所を限定して続けてきたが、手が廻らない部分は積極的に手を入れて良くしようという気にならなかった。しかし、この連載を始めてから、庭を美しく彩りたいという、園芸を始めた頃の気持が少しだけ戻ってきたような気がしている。

オステオスペルマム(2019年4月7日撮影)

 楽して楽しむガーデニングは、何処へいってしまったのだろうか?

ネメシア開花

 ネメシアを植え替えことは先週投稿したばかりであるが、鉢上げして陽当りの良い場所に置いたら、たった一週間で目覚ましいほどに開花した。

ネメシア(2019年4月7日撮影)

 正直言うと、これほど短期間で変化が現れるとは思っていなかった。このブログを始めていなければ、開花を諦めて、夏の花に場所を譲るためにネメシアの株は廃棄してしまっていたかも知れない。

ネメシア開花(2019年4月7日撮影)
ネメシア開花(2019年4月7日撮影)
ネメシア開花(2019年4月7日撮影)

 いい加減に植え替えたのだが、その割にはいい感じに花を咲かせてくれた。こんなことなら、培養土を用意してきちんと植え替えればよかったと思っている。後悔先に立たずで、今から一週間前に戻って心を込めて植え替えることも、先週の自分に意見することもできないのだ。

 が、そんな私の思いをよそに、ネメシアはただ美しい花を咲かせるのみである。

ネメシア(植替え前)(2019年3月31日撮影)

 最後の写真は一週間前、植え替える前のネメシアである。プランターの中央に株だけ大きくなって、ほとんど花の咲いていないのが先週のネメシア。植え替える前のネメシアである。

 ネメシアは陽当りが悪いと極端に花付きも悪くなるようだ。今後、この場所に植えるのは控えることにしよう。

ネメシアの植え替え

  玄関前のプランターに夏に向けた植物を植える場所を確保するためもあり、 蕾はつくのだが一向に花が咲かないネメシアを植え替えて、陽当りの良い南向きのウッドデッキに置いた。

植え替え前のプランター
植え替えたばかりのネメシア(三株あり)

 植え替えたのは日曜日のことである。玄関前の収納ボックスに保管してある培養土を、ウッドデッキまで持っていくのが面倒だったので、写真奥に写っているプランターの土を再利用したら、思いのほか水はけの悪い土になってしまっていた。朝方まで雨が降っていたので、湿った土を押し込んだのが悪かったのかも知れない。
 ネメシアは水はけの良い土を使用すべきだったのだが、枯れてしまわないか少々心配である。

 そんな心配をよそに、一日おいて今朝確認してみると、明らかに開花が進んでいる様子だった。今日は平日のため、写真を撮る時間がなかったので、画像をお見せすることができないのが残念である。やはり、陽当りが最も重要なのだろう。

 このネメシアは多年草だったはずだから、良い花が咲くようであれば、夏越しさせてみても良いと思っている。問題は、夏越しに好適な、雨の当らない涼しい場所というのが我が家には存在しないことなのであるが。

本日のオステオスペルマム

 今日も、美しく咲いているオステオスペルマム

オステオスペルマム(2019年3月31日撮影)

 この後、オステオスペルマムの向うに移っているコンテナにネメシアとユリオプスデージーを移植します。

オステオスペルマム(2019年3月31日撮影)

 オステオスペルマムは日の当たっているとき以外は花が閉じてしまう性質があります。上に写っている白い花のオステオスペルマムは、左右の色付きの花に較べると、花が開いている時間が長いようです。

クリスマスローズの新芽が

クリスマスローズの新芽(2019年3月24日撮影)
クリスマスローズ(2019年3月24日撮影)

 クリスマスローズの新芽が伸びてきた。このホームページを作り始めるまでは、こんなに頻繁に写真も撮らなかったし、毎週、株の状況を確認することもなかった。ガーデニングは一応趣味として続けていたけれども、それほど真面目に面倒を見ていなかったのだろう。

 だから、これまでクリスマスローズの新芽がどんどん伸びてきているのを気にすることもなく、季節が通り過ぎていたのだ。

 このクリスマスローズは花を見ずに、苗を購入したものだったと記憶しているが、我が家にいくつかあるクリスマスローズのうちで最も美しい花を付け、最も元気に育っている。

 クリスマスローズは手間がかからない割に、豪勢な花が咲き、その花も長期にわたって鑑賞することができる。さらに一度植えると何年も花を楽しむことができる大変優れた園芸品種であるといえるだろう。

咲かないユリオプスデージー

ユリオプスデージー(2019年3月撮影)
ユリオプスデージー(2019年3月撮影)

 我家のユリオプスデージーは葉ばかり茂ってまったく花が咲かない。蕾はつくのだが、咲いている姿を見せてくれたことはないのである。この場所に植えた当初はニ、三輪ずつ咲いていたのだが、いつしか花が開かなくなってしまった。切り戻しもしないで、放任したのが悪かったかな。株も無駄に大きくなってしまったし。

 以前、別の場所に植えたときは、放任しても毎日花を咲かせてくれていたのだが。

 咲いた写真も投稿しようとしたのだが、過去の写真を探しても適当なものが見当らなかった。この花、好きだったのにな。いずれ、花が見事に咲くことがあったら、このページに写真を追加することにしよう。

「古河桃まつり」に行ってきました

 古河桃まつりに行って来た。会場は古河公方公園(茨城県古河市鴻巣399-1)(古河総合公園)だ。ここを訪れたのは、2019年3月22日金曜日。古河市観光協会のサイトによると桃は五分咲きだったそうだが、花見としては十分に楽しめる状態であった。
 私は、七分くらい咲いていたように思うのだが、どうだろうか。

 古河公方公園の名称を見て、初めは不思議に思った。公方といえば将軍のことだと思い込んでいたからだ。そして、私の知る限り、将軍が古河に居を構えたことはないはずだったからだ。

 そう思って、少し調べてみたのだが、足利尊氏の開いた室町幕府。その足利尊氏の血を引く足利家の分家が関東を治めるため、初め鎌倉の地に入ったのだが、この分家の権力基盤が脆弱であったために、鎌倉に入って五代目の足利成氏の時に至って、本来は自身の補佐役であった関東管領と本家筋である室町幕府に攻められた結果、成氏が鎌倉を放棄して古河に根拠を映したことに由来するそうだ。
 公方は将軍ではなく、室町時代後半に「将軍の公権力の代行者として君臨した足利将軍家の一族の者の肩書きとして用いられた(ウィキペディア(Wikipedia)から引用)」ということだ。

古河桃まつり(2019年3月22日撮影)
古河桃まつり(2019年3月22日撮影)

 そんな、歴史を持つ古河公方の名称を冠したこの公園は、古河公方の館の跡地である。足利尊氏の血を引いてはいるが、補佐役には見限られ、本家ともうまくいっていない。そんな古河公方がこの後訪れる戦国時代を生き延びられるはずがない。
 信長、秀吉、家康の活躍する時代にはその勢力は消滅してしまったようだ。

古河公方館址の石碑

 さて、歴史上の出来事とはかかわりなく、桃の花は長閑(のどか)に美しく咲く。幸いにも、この日は曇ってはいたが温かで風もなく、花見には悪くない天候であった。
 古河公方公園の名称の由来を知らずとも、花を愛でながら公園を散策することはこの時期にしか味わえない楽しみだ。花を眺めながら(写真を撮りながら)公園を歩くと一時間程度で一通り見て回ることができる。

古河桃まつり(2019年3月22日撮影)
古河桃まつり(2019年3月22日撮影)

 散策に飽いたら、野点(のだて)を楽しむのが良い。

 抹茶に和菓子がついて一服五百円。写真を撮影しながら公園を巡って、思いのほか疲れていたらしい。緋毛氈の敷かれた木製の長椅子に腰を掛けて抹茶を喫すると、微かな疲労感が体の隅々まで拡がって、不思議に心地好い気分になる。見慣れたはずの桃の花にさえ、新たな感動を覚える。

野点(のだて)2019年3月撮影

 私は、茶道には全く縁のない人間なのだが、こうした機会に喫(の)む抹茶は非常に美味しく感じる。同じ茶葉から創られた飲み物なのに普段飲む煎茶とこれほど味が異なるのはどうしてなのだろう。そんなことを考えながら、桃の花と菜の花を眺める。

 日頃、分刻みで仕事をこなさなければその日の業務を終らせることができない、そんな日常から解放されて眺める桃の花は格別。味わう抹茶は至極であった。

 関東地方で今、花を見るならここ古河公方公園(古河総合公園)がおすすめだ。4月5日まで「古河桃まつり」が行われているので、出店での飲食も楽しめる。ちょっと花でも見に出掛けてみてはいかがだろうか。

園内には古民家園も

 古河公方公園の中には「民家園」があって、移築された古民家を見学することができる。時間的余裕があるのなら、のぞいてみると面白い。

民家園(旧飛田家住宅)
民家園(旧飛田家住宅)

 そして、この民家園のすぐそばに、前述の「史跡古河公方館址」の石碑がある。つまり、古河公方の館がこの場所にあったということである。

春爛漫

 本日は春分の日。天文学的に言うと、昼と夜の長さが同じになる日である。今日は朝から天候が変りやすく、雨、曇、晴、全ての天候が巡ってきた。まだまだ朝夕は冷え込むものの、昼間はずいぶん暖かくなって、上着は不要となった。

ビオラ(2019年3月21日撮影)
ビオラ(2019年3月21日撮影)

 冬の間は花を咲かせながらも成長を止めていたビオラが、次々と花を付けながら次第に育ち始め、株の大きさが一回りも二回りも大きくなった。水遣りもこれまで週に一度で足りていたのだが、週の半ばにも追加で一度の水遣りが必要になり始めた。そろそろ、鉢植えの水遣りが気になる季節がやってくる。

クリスマスローズ(2019年3月21日撮影)
クリスマスローズ(2019年3月21日撮影)

 クリスマスローズも、満開に近い状態となった。特に八重咲のクリスマスローズは天上の花というものがあったとしたら、こんな花なのではないか、と思わせるほどに美しく、眺めていると夢を見るような気持にさえなる。

 ほとんど手をかけた記憶はないのだが、こうして美しい花を咲かせてくれる。植えられるスペースを探して、似たような花を付けるクリスマスローズを花壇に加えたいものである。

クリスマスローズ(2019年3月21日撮影)
クリスマスローズ(2019年3月21日撮影)

 一重の黒いクリスマスローズは少々地味で、楽しみに欠ける。確か、列んで咲いている八重咲のものと同時に購入したものだ。八重咲の華やかなものと、渋い色の一重の花と、列べて植えたら対照的で面白いのではないかと考えて選んだと思う。が、正直を言うとやや地味過ぎたような気もしている。

 春分の日の、我が家の庭を少しだけ紹介してみました。