秋明菊

 秋明菊(しゅうめいぎく)が今年も順調に開花している。この秋明菊は、葉が元気に繁りすぎて旺盛に横に拡がったため、通路の脇に植えたせいで通行に支障が生じてしまった。右にクリスマス・ローズ、左に秋明菊でどちらも葉を拡げる植物だったので、通路が両側から葉に覆われてしまったのは、私の不勉強のたまものである。

秋明菊(2021年9月5日撮影)

 これから秋明菊を植える方は、株が拡がることを計算に入れて、通路から50cm程度離して植え付けることをおすすめする。クリスマス・ローズも同様だ。

 長年、庭にいろいろと植付けてきた結論だが、西洋の草花は派手で良いのだけれど、地植えにするのは日本の気候に合った植物が便利で経済的でもある。我が家では、薔薇(ばら)、木槿(むくげ)、秋明菊、花にら(イフェイオン)、クリスマス・ローズ、クレマチス等が、多年にわたり花を付けてくれるので重宝している。何が良いか判らなければ、古くから日本で栽培されてきた植物にすれば間違いないだろう。これら丈夫な植物を中心に、空いたスペースや鉢植えで季節の一年草を楽しむのが良いと思う。

秋明菊(2021年9月12日撮影)

 我が家では、狭い庭にいろいろ欲張って植えたために、窮屈になってしまった。庭造りを手掛ける前に、植物の性質に関する十分な知識があれば良かったのだが。こればかりは仕方のないことである。

秋明菊(2021年9月12日撮影)

 経験して初めて身に沁みることもある。思えば、これは人生の選択と同じではあるまいか。年経てから思えば、別の生き方があったはずと。

秋明菊

 秋を代表する草花、秋明菊(しゅうめいぎく)。今年の天候不順のせいか、鉢植えの花があまり元気がない中で、秋明菊は旺盛に繁ってたくさんの蕾を付けた。今日確認すると、蕾が膨らんで今にも咲き出しそうである。

秋明菊(2021年8月29日撮影)

 まだまだ暑い日が続いているが、時折、風が吹くと涼しさを感じることがある。着実に秋は近づいているのだ。

秋明菊(2021年8月29日撮影)
秋明菊(2021年8月29日撮影)

 本の一週間で、蕾が随分膨らんだ。来週には、咲き進んだ姿をお見せできることだろう。

今年も最初の秋明菊が咲きました

 今年も最初の秋明菊(しゅうめいぎく)が咲いた。暦の上ではもう秋なのだが、涼風(すずかぜ)の吹くまでは、まだ一輪だけの秋である。

今年最初の秋明菊(2021年8月22日撮影)
今年最初の秋明菊(2021年8月22日撮影)

 蕾がたくさん付いているので、これから秋明菊の素朴な雰囲気を長く楽しむことができるはずだ。

 秋立ちてなほ一輪の暑さかな  藝齋

秋の足音

 夏がどこかへ行ってしまったようだ。朝から雨が降り続き、窓を開けて外気を入れていると肌寒さを感じるほどである。

蕾が膨らんだ秋明菊(2021年8月12日撮影)

 庭の秋明菊(しゅうめいぎく)は旺盛に葉を伸ばし、狭い通路の通行を妨げるほどになった。麻紐で臨時の柵を作り、足の踏み場を確保しなければならなかったほどだ。そしてたくさん蕾を付けた。可憐な花を長く楽しむことができるだろう。

蕾が膨らんだ秋明菊(2021年8月12日撮影)

 去年は8月23日に咲いているから、今年も月が代る前に花を咲かせることだろう。私は、秋明菊のピンク色の素朴な花が好きなのだ。

【関連記事】

球根から芽が出た

 昨日、外出前にみたら寄植えの球根が芽を出していた。植え付けたのが11月初めだったので、一月ほどで芽が出たということになる。

アネモネが芽を出した(2020年11月28日撮影)
アネモネが芽を出した(2020年11月28日撮影)
アネモネが芽を出した(2020年11月28日撮影)
アネモネが芽を出した(2020年11月28日撮影)

 アネモネの芽だ。芽を出すのはもう少し後かと思っていたので、見付けたときに自然と「愉しい」とつぶやいてしまった。球根入りの寄せ植えは久し振りにつくったが、秋の寄植えには球根をしのばせるのがおすすめだ。園芸がより愉しくなること間違いない。

【関連記事】

カリブラコアのその後

 先月初めに草姿を整えたカリブラコア「ミリオンベル」だが、不屈に甦って植えたばかりの苗のようになっている。花を咲かせ始めたので、紹介しておきたい。

2020年11月8日撮影

 12月には新しい苗に植え替えるつもりだが、このまま冬越しさせて来年も咲かせても良いかなとも思っている。

【関連記事】

咲き続く秋明菊

 昨年庭に植えた秋明菊(しゅうめいぎく)が咲き続けている。秋も深まって、花が多くなり見応えがでてきた。

秋明菊(2020年10月25日撮影)

 雑草が生い茂っているのをお見せするのは恥しいが、肉眼で見ているときは不思議と気付かないものなのである。次の休日には、雑草取りを行うことにしよう。もうしばらく花を楽しみたいので、咲き終った花柄は、この後切り取っておいた。

秋明菊(2020年10月25日撮影)

 秋明菊の花は、素朴で美しい。

【関連記事】

迷子の秋明菊

 昔植えた秋明菊(しゅうめいぎく)。花壇の隅に植えたはずが、いつの間にか庭の隅で勝手に咲くようになった。ウッドデッキの蔭で、ほとんど陽の当らないところである。今年は、芽を出さないと思っていたら、先日見つけました。

迷子の秋明菊(2020年10月11日撮影)

 もう少し良い場所に移したいと思うのだが、せっかく毎年花を付けてくれている株を駄目にしてしまうのも勿体ない。また、こうして、無造作に咲いてくれているのもなかなか風情があるので、なかなか移植に踏み切れないのである。

迷子の秋明菊(2020年10月16日撮影)

 女房が雑草と間違って抜いたようだと言っていたから諦めていたのであるが、無事に花を咲かせた。考えてみると、例年の場所から少しずれているようでもある。昨年、庭の特等席に植えた株よりも、心なしかこちらの方が花が美しいように感じるのは、何故だろうか。

【関連記事】