今年も咲いた原種系チューリップ

 「植えっぱなしで来年も咲く」と書いて売られていた原種系チューリップの球根。一昨年の秋に植えて、昨年の初夏に掘り上げた球根。それを昨年秋に植え付けておいたものが、今年もまた開花した。

原種系チューリップ「ライラックワンダー」(2022年4月16日撮影)
原種系チューリップ「ライラックワンダー」(2022年4月16日撮影)

 この花色と花の形が大変美しい。原種系チューリップばかり5種類が入った球根を購入したのだが、これが最も美しいと思う。この花の球根を見付けたら、購入して数を増やしたいところだ。初夏になって、葉が枯れたら掘り上げて、今度は花壇などの掘り上げる必要のないところに植え付けたら面白いかもしれない。

 候補としては、水仙の前。水仙と咲く時期、成長する時期がずれているので、順番に見頃を迎えてよろしいのではないかと思う。

原種系チューリップ「バタリーニブライトジェム」(2022年4月17日撮影)

 バタリーニブライトジェムも素朴な美しさがあって、可憐である。これは花壇に植えたもの。花が終ったら花柄を摘んで、このまま夏を越させてみようと思っている。うまくすれば、また来年もこの黄色い花にお目に掛かれるはずだ。

 上の写真の左端に見えている蕾が原種系チューリップ「リトルビューティー」の蕾だ。この花は平日の間に開花して散ってしまったため、写真が残っていない。先程咲き終えた花柄を切り取ったばかりである。週末園藝家の私には致し方ないところだろう。

 購入した球根には他にも2種類あったはずだが、咲いた姿は確認できなかった。球根を掘り上げる前に消滅してしまったのだろうか。残念だが、それが生き物を育てるということなのである。

 チューリップは花が大きくて美しいのだけれど、花期が短いことが欠点だ。

 と思いながら、秋になったらまた私はチューリップの球根を購入すると思う。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください