今日のハオルチア・オブツーサ

 ハオルチア・オブツーサは面白い多肉植物である。丸い葉の先端が透き通っていて、陽が当るとキラキラと輝いて美しい。人気の品種である。

ハオルチア・オブツーサ(2020年8月9日撮影)
ハオルチア・オブツーサ(2020年8月9日撮影)

 去年、購入したころの写真と較べてみると、少しだけ成長したようだ。少し肥料でもやった方が良いのかもしれないが、それももう少し涼しくなってからにした方が良いだろう。それにしても、購入したころより窓の透明度が下がったようだ。

 窓の透明度を保つためには直射日光に当てない方が良いという書き込みが多数あるので、室内で管理した方が良いのだろうか? 一日のうち、一時間程しか陽が当らない場所に置いているのだが。

購入したころのハオルチア・オブツーサ(2019年9月1日撮影)

【関連記事】

猛暑の中で

 みなさま。残暑お見舞い申し上げます。そうです。今年の立秋は8月7日。暦の上ではもう秋なのです。

 ようやく梅雨が明けたと思ったら、もう秋。朝夕の涼風に秋の気配は感じるものの、日中の暑さは大変なもので、少し油断しただけで、鉢植えがカラカラに干上がってしまいます。今日も、庭に出ては見たものの日陰でマリーゴールドと薔薇の花柄を切っただけでギブアップになりました。植物の世話も重要ですが、自分自身の体には何よりも気を付けなければなりません。この季節の園芸に無理は禁物。自宅の庭で熱中症になるなど、真っ平御免です。

マリーゴールド(2020年8月9日撮影)

 長雨を元気に乗り切ったマリーゴールド。次々を花を咲かせてくれています。左隣にチラッと写っているカリブラコアは見る影もなく衰えてしまったので、切り戻して養生しているところ。でも、一輪咲いている小花は可憐です。

ペチュニア(2020年8月9日撮影)

  今、一番元気が良いのがペチュニアです。

 こちらはナメクジを退治したら、元気を取り戻してくれたようです。茎の下の方から脇芽が出て、まだ一花咲かせてくれそうです。私はこの桜色のペチュニアが好きで、毎年欠かしたことはありません。いつもサフィニアのピンクに決めていたのですが、今年は手に入りませんでした。

ペチュニアのある寄せ植え(2020年8月9日撮影)

 夏の庭には、このような情熱的な色の花も映えます。脇役として植えた初雪かずらが、長く伸びてなかなか綺麗です。期待していたロベリア「アズーロコンパクト」は降り続く雨の中で、駄目になってしまったようです。まだ、少しだけ花が咲いていますので、もしかしたら復活するのではないかと、淡い期待を抱いています。

 枯れた株の整理などをしたいのですが、今は無理のようです。涼しく心地よい夕暮れでもやってこなければ、園芸作業などは無理のようです。

秋明菊の蕾が上がってきました

秋明菊の蕾(2020年8月2日撮影)

 梅雨が明けて久し振りに庭に出てみると、秋明菊の蕾がたくさん上がっていた。少し早いような気がするが、去年植えた株は環境が良いので早く咲くのかも知れない。忘れていたが、去年は鉢植えの秋明菊を庭に下ろしたら、たくさんあった蕾がすぐにしおれてしまい、ゆっくりと花を楽しむことができなかったものだ。

秋明菊の蕾(2020年8月2日撮影)
秋明菊の蕾(2020年8月2日撮影)

 今年は、8月早々にこれだけ蕾が上がっているのだから、寒くなるまでたくさんの花を付けてくれるに違いない。去年は失敗したが、これまでの経験では、一度根付いてしまえば放っておいても毎年花を付けてくれるはずだ。

【関連記事】

ガジュマルの植替え

 梅雨明け最初の作業は、ガジュマルの植替えだ。去年、小さな鉢植えのガジュマルを手に入れて、冬の間は出窓で寒さに当てないようにしておいたものだ。暖かくなってから、外に出したら、梅雨の間に急に成長して大きくなった。

鉢底から根が出たガジュマル(2020年8月2日撮影)

 梅雨明け最初の日曜に、ガジュマルの根が鉢底から長く伸びていることに気付いた。鉢に不釣り合いなほど枝葉が伸びているとは思っていたが、土の量が足りなかったようだ。

 早速植え替えることにする。鉢は余っていたものだ。5号鉢程度の大きさで、いつか百円ショップで購入したものだったと思う。もう少し小さなものにしたかったのだが、これが最も小さな鉢であった。冬になって部屋に入れる時に大きすぎて困るような気もするが、ガジュマルは成長が旺盛だから、結構これで良いのかも知れない。

 寒くなったら、一回り小さな鉢に植替えて部屋に入れるという選択肢もある。(その時考えます。)

 最初に鉢底網を入れる。虫の侵入と土の流出を防ぐために鉢底網は忘れずに入れるようにします。

 私は鉢底石は使わない。特に小さな鉢の場合、入れられる土の量が減ってしまうからだ。作業としては、少量土を入れて、古い鉢から外したガジュマルの伸びすぎた根を切り、古い鉢底石を取り除いたら、この上に置いて高さを確認し、問題なければ周囲に土を入れていく。用土は市販の培養土を使用した。

 植替えの終った状況。根を切った後は水を吸い上げる能力が減っているはずなので、地上部も整理する。見た目が良くなるように伸びすぎた枝を適当に切れば大丈夫だ。

 これで、最後に水をやって植替えは完了だ。

庭のカサブランカ

 庭のカサブランカが咲き進んだ。今日は昼頃庭に出て写真を撮ったのだが、昨日までとは打って変って空が晴れ上がり、夏らしい暑さとなった中、大輪の百合(ゆり)が三つ。なかなか見事である。

咲き進んだカサブランカ(2020年7月19日撮影)

 蚊に刺されるのが厭で、長袖を着たまま庭に出たのであるが、しばらくして流れる汗が止まらなくなってしまった。梅雨が明ければ、本格的な暑さがやってくるのだから、熱中症などにならぬよう十分気を付けねばならない。

咲き進んだカサブランカ(2020年7月19日撮影)

 百合の葉の上に、小さな蛙が乗っているのが判るだろう。我が家には蛙がたくさんいる。これも農薬などを使わずに植物を育てているからだろう。いや、害虫を見付けたときは防除のために最小限の薬剤は撒いているが、ほぼ無農薬でやっている。だから、蛙や蟷螂(かまきり)が育っているのだ。

 暑さのために、百合の香りを楽しむのも忘れて部屋に戻ってしまった。家の中はまだ昨日までの涼しさが残っており、冷房をかけずとも快適に過ごすことができる。本格的な夏はすぐそこまで来ているようだ。

カサブランカ開花

カサブランカ(2020年7月17日撮影)

 カサブランカが咲いた。まだ一輪きりだが、これから次々に開花するだろう。カサブランカという百合(ゆり)は大輪で豪華な花を咲かせる品種である。この百合は昨年植えたもので、二年目の開花だ。去年よりも大きく育った。

カサブランカ(2020年7月17日撮影)

 カサブランカは、百合特有の香りが強くする。今日は、雨が上がった直後ではあったが、それでも顔を近づけると百合の匂いが香った。

カサブランカ(2020年7月17日撮影)

 百合は球根植物なので、多少の手入をすれば毎年開花する。重宝な植物である。

青枯病?

 インターネットで調べてみた結果、トマトが萎れたのは青枯病(あおがれびょう)が原因ではないかという結論に至った。連作により土中の細菌のバランスが崩れることが原因の一つとされているようだ。雨が多く土壌が多湿であったことも、病原菌が繁殖する原因となったのかも知れない。

萎れてしまったトマト(2020年7月12日撮影)

 とりあえず、次の休日には株を抜きさって処分することとしたい。

 来年、野菜を植える前に、堆肥を投入して土をよく耕し、同じ場所にトマトを植えないようにしなければならない。接木苗を選ぶのも良いらしい。

 これも初めての経験だ。

【関連記事】

本日の収穫

本日の収穫(2020年7月14日撮影)

 今日も、家庭菜園の野菜がたくさん撮れた。私が在宅勤務している間に家内が収穫したものだ。(家庭菜園は家内の担当です。)トマトは、先日投稿した通り、枯れ始めているのでこれが最後の収穫になるかも知れない。来年植える時は、面倒くさがらずに土作りをきちんとして、胡瓜(きゅうり)とトマトの植え付け場所を入れ替えるようにしよう。

 庭の家庭菜園で、大玉のトマトがこれほど順調に実ったのは初めての経験だったのに、残念な結末となってしまった。

トマトが萎れた

 残念なことに、トマトがしおれてきてしまった。初めは一株だけ。今日確認すると二株とも萎れている。株全体がしおれてしまっているので、手の付けようがない状態だ。

萎れてしまったトマト(2020年7月12日撮影)

 長雨で根が傷んでしまったのか。家内が株元に肥料をやってしまったために根が肥料焼けしてしまったのか。その両方か。それとも連作障害か。

 大玉のトマトがいくつもなっていたのだが、残念な結果になってしまった。

 何とか復活してくれると嬉しいのだが。