クリスマスローズのつぼみ

クリスマスローズ(2019年3月撮影)

 クリスマスローズに蕾が付いた。

 この冬は、本格的な寒さがやってこないうちに年を越してしまったので、いろいろな花が咲くのが早い。これは、毎年八重の豪華な花を咲かせる株である。

クリスマスローズ(2020年1月19日撮影)
クリスマスローズ(2020年1月19日撮影)
クリスマスローズの蕾(2020年1月19日撮影)

 我々人間は、意識して物事を進めないと、ただ月日だけが過ぎて行ってしまうものだが、植物は違うらしい。

 玄関花壇に植えたクリスマスローズは、ときどき手を入れてやるだけで毎年健気に美しい花を付けてくれる。

 開花が楽しみである。この株の満開は3月初旬頃のはずだ。

【関連記事】

ドルフィンネックレスに花が咲いた

 我が家の多肉植物、ドルフィンネックレスに花が咲いた。ドルフィンネックレスのことをグリーンネックレスの一種(枝変りかなにか)ではないかと思っていたのだが、調べてみると「グリーンネックレスと七宝樹の交配種」が正解のようだ。

ドルフィンネックレス(2020年1月1日撮影)

 ドルフィンネックレスの名は、この葉の形から来ている。イルカ(ドルフィン)がジャンプしているように見えるはずだ。

ドルフィンネックレス(2020年1月1日撮影)

 上の写真をよく見ると、大量の蕾ができているのが判るだろう。
 花が咲くことは期待していなかったので、得した気分である。が、こんな季節に咲くのはおかしいのではないか。そう思って調べてみると本来の開花期は春らしい。やはり、この時期に咲くのはかなり早いのだろう。そういえば、今年は蠟梅の開花も例年に比べ非常に早かったので、気候に原因があるのかも知れない。

ドルフィンネックレスの花(2020年1月1日撮影)
ドルフィンネックレスの花(2020年1月1日撮影)

 花は小さな花が集まったタイプだ。まだ一輪のみの開花であるが、微かに甘い香りがしたようだ。確認するには、もっとたくさんの花が咲くまで待たねばならないだろう。

ドルフィンネックレスの蕾(2020年1月1日撮影)

 蕾はこのような形。蕾が付いているのは確認していたのだが、本当に花が咲くのかどうか半信半疑であった。そのうち、蕾の先端から白いものが現れ、やがてその白いもののそれぞれが花開いたのである。

【関連記事】

新年の御挨拶

 新年明けましておめでとうございます。拙い内容ですが、細々と続けていくつもりです。我が家の庭の様子を定期的に公開してまいります。

 本年も、引き続きよろしくお願いいたします。

その後の蠟梅

 蠟梅が開花したことをお知らせしたのは先週のことだ。一週間経って、蠟梅の開花が進んだ。

蠟梅(2019年12月21日撮影)

 花の美しさはほどほどだが、素晴らしい香りである。我が家では玄関先に鉢植えにして、通るたびに香りを楽しんでいる。

 しかし、今年は開花が早い。これまで正月を迎える前にこの蠟梅が咲いた記憶はないのだが、暖冬のせいだろうか。例年より開花が早まっているようだ。

蠟梅(2019年12月21日撮影)

 まだまだたくさん蕾がついているから、これからが楽しみである。

 今年は例年にないほど大量の蕾が付いた。特別なことをした記憶はないのだが、このブログを始めたことが契機となって、少しだけ庭仕事に力を入れるようになったことが原因だろうか。定期的に肥料をやったり、雑草を取ったり、長く伸びすぎた枝を容赦なく切り取ったりしただけのことなのだが。

【関連記事】

蠟梅開花

 玄関前に置いてある鉢植えの蠟梅(ろうばい)の花が咲いた。

蠟梅(2019年12月14日撮影)

 一輪だけである。

 一輪だけであるが、鼻を近づけると、この花独特の甘い香りがする。春が近くまで来ているような気がした。

蠟梅の蕾(2019年12月14日撮影)

 蕾はコロンとした形状で愛らしい。蠟細工のような黄色であることから、蠟梅にはこの名が付いたという。

蠟梅の蕾(2019年12月14日撮影)

 今年は、例年にないほど大量の蕾が付いた。

 来年は正月を芳(かぐわ)しい香りで祝福してくれそうだ。

【関連記事】

花苗の植え付け

 昨日買ってきた花苗を庭に植え付けた。植えたのはパンジーとビオラ。これから本格的な寒さがやってくるので、苗の植え付けはそろそろ終りである。

 ここは、薔薇の花壇で、これまで薔薇以外の花を植えることはほとんどなかった場所だ。そのうちもう1本薔薇を植えたいと思い、空けてけておいた場所なのだ。

 用意した苗が不十分だったかもしれないな。植え付けたままの状態では、空白が目立ってしまう。来週は、仕事で休みが取れないかもしれないから、この花壇はこの状態で年を越すことになりそうだ。

ビオラ(2019年12月8日撮影)
ビオラ(2019年12月8日撮影)
ビオラ(2019年12月8日撮影)

【関連記事】

花苗を仕入れてきました

 今日、家族と買物へ出たついでに、パンジーとビオラの苗を仕入れてきた。全部で6株。暗くなってから購入したので、まだ本当の色は良く分らないが、紫中心に黄色が混じった綺麗な色合いのはずだ。家に着いたのは夜なので、写真はまだない。

 庭が殺風景なので、花苗を植えたいと思っていたので購入してきたものだ。

 最近、植木鉢に植えた苗のうちにとても乾きやすい株があるので併せて庭に植えようと思っている。

【関連記事】

花にら(イフェイオン)の新芽

 これから本格的な冬に向おうという季節なのだが、いろいろと新芽が出てきて楽しい。これは、花にら(イフェイオン)の新芽である。

花にら(イフェイオン)の新芽(2019年12月1日撮影)
韮に似た葉が花にら(イフェイオン)の新芽です。中央はクリスマスローズの新芽。
花にら(イフェイオン)の新芽(2019年12月1日撮影)
花にら(イフェイオン)の新芽(2019年12月1日撮影)
花にら(イフェイオン)の新芽(2019年12月1日撮影)

 念のための注意です。名前が似ていますが、花にら(ハナニラ、花韮)は韮(ニラ)とは別の品種で食べられません。お気を付けください。

 韮と近い品種なので韮のにおいがしますが、別の品種です。

クリスマスローズのポット苗(その後)

クリスマスローズ(2019年3月撮影)

 今年の春に、クリスマスローズのポット苗を大量に購入した。随分安価であったが、それを育てるための植木鉢の方が高価であったことを記憶している。

 購入したのは、3ポットひとまとめになっているものを3セット。全部で9セットであった。

 が、今や残っているのは、この2株だけ。庭植えのクリスマスローズは何もしなくても問題ないのだが、こちらはなかなか難しいものだ。

 鉢が大きすぎて過湿になったことが、枯らしてしまった原因だったのではないかと思っている。入手した苗はポット苗というよりプラグ苗に近いような、本当に小さなポットに植わった苗だったのである。クリスマスローズは頑強なので、すぐに大きくなると思い、大きめの鉢を用意したのが失敗のもとだったのではないかと。

【関連記事】