アネモネの蕾があがってきた

 我が家は北側に道路があるので、庭は南側にある。そのため、平日は庭を目にすることがほぼないのだが、家内に言われてアネモネの蕾(つぼみ)が上がってきていることに気付いた。いや、蕾が上がっているなどという状態ではなく、今にも花開きそうである。

アネモネ(2022年3月20日撮影)

 ここに植えたアネモネは、昨年購入した球根から育ったもの。様々な色の花を咲かす一重咲きの球根を植えたはずである。

咲きかけたアネモネ(2022年3月20日撮影)

 北側の玄関前の寄せ植えにもアネモネの球根を仕込んだのだが、そちらの蕾が上がってくるまでにはまだ間がありそうだが、陽当りの良い庭の方がやはり成長が早いようだ。

蕾の開きかけたアネモネ(2022年3月20日撮影)

 花の色によって、育つ速さが異なるのだろう。同じ赤い色をした花が二箇所同時に咲きそうになっている。緑の庭に赤い色が点在するのを目にするだけで、心が浮き立つようだ。間もなく4月になり、春も本番を迎えようとしている。これから、球根植物が次々に開花することだろう。

 のんびり花を見ている時間がとれないことが多いのだが、時には手を休めて花を眺めることも人生には必要である。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください