アネモネ開花

 庭のアネモネ。今年最初の二輪が開花した。アネモネの球根は他にも植えてあるのだが、最も陽当りの良いこの場所が最初に花開いた。

アネモネ開花(2022年3月21日撮影)

 アネモネの奥にイフェイオン(花にら)が咲いているのがお分かりになるだろうか。今日は春分の日。明日からは夜よりも昼の方が長くなる。これからどんどん暖かくなって、いろいろな花が咲く季節になる。

アネモネの花(2022年3月21日撮影)

 アネモネは長く花茎を伸ばして、その先に大きな花が付く。咲いたのは赤一色だが、他にも様々な花色がある。ここも、これから色とりどりの花が咲くはずである。背景に写り込んでいるのは秋明菊の葉だ。

 アネモネには八重咲の品種もあるのだが、私は一重咲きの球根ばかり植えている。私は一重咲きのアネモネの花が好きなのだ。

アネモネの蕾(2022年3月21日撮影)
アネモネの蕾(2022年3月21日撮影)

 蕾もたくさん付いている。近いうちに、大量の花が咲いた姿をお見せできることだろう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください