真冬の薔薇

 我が家のグラハム・トーマス(Graham Thomas)が花を咲かせようとしている。この間、写真を撮ったときは花が開ききってしまっていたけれども、今日の薔薇は整った姿を見せてくれた。蕾が開こうとして、膨らみかけた瞬間。この時こそ薔薇が最も美しく見える時なのである。

真冬に咲いたグラハム・トーマス(2021年12月19日撮影)
真冬に咲いたグラハム・トーマス(2021年12月19日撮影)

 グラハム・トーマスは、英国の育種家、デビッド・オースチン(David Austin)の作出した薔薇。イングリッシュ・ローズの名で販売されている。野性味を残したオールド・ローズの花の姿を残しながらも、四季咲き性をもった強健な薔薇は、おすすめできる品種ばかりである。

最後の蕾(2021年12月19日撮影)

 蕾がひとつだけ残っている。が、咲くだろうか。

 寒さで凍えてしまうのが先か、それとも花を開かせるのが先か。

カサブランカの球根

 庭植えの百合(ゆり)、カサブランカの球根が分球してきた。最初に植えた球根の脇から芽が出ているのに気付いてはいたが、分かれた球根が育っているのには気付かなかった。

 百合という語は、この球根の姿からついたもののようだ。うろこのような形状の鱗茎がたくさん集まっている様を、このように表現したとされている。漢語の百合(ひゃくごう)に和語の「ゆり」を当てたということだろう。ちなみに漢方薬として使う場合、百合は「ひゃくごう」と読まれるらしい。

カサブランカの株元(2021年9月26日撮影)

 一昨年の春に植えたカサブランカの株元に分球した球根らしきものが見える。鱗茎が青々として元気そうである。株元から八方に伸びる根は地上に出てきてしまっているが大丈夫なのだろうか。写真左側に見える太い幹が本家カサブランカ。最初に植えた球根から伸びている茎である。

分球した球根(2021年9月26日撮影)

 分球した球根は、もっと大きくなったら切り分けて植え替えたいところだが、さて、どこに植えたらよいやら。我が家には空いている場所は既になくなりつつあるのである。

木槿(むくげ)が良く咲いています

 夏の暑さも一段落して、比較的涼しい日が続いています。そのせいか、木槿(むくげ)の花数も盛夏と較べると、少し増えてきました。

 涼しくなったとは言え、まだ少し体を動かすと汗が吹き出すほどの湿気で、今日も短時間雑草取りをしただけで、汗だらけになってしまいました。涼しいと思っているので、手拭いを携行せずに庭に出てしまい、吹き出た汗は腕で拭うしかない。今日の園藝はこんな調子でした。

咲き続く木槿(2021年9月12日)

 木槿は枝元から花が咲き、枝先に向って咲き進む性質があります。今、咲いている花は枝先に迫ってきていますから、今年の開花も間もなく終ることでしょう。残念なことですが、確実に季節は巡っているのであります。

咲き続く木槿(2021年9月12日)

 我が家の木槿は、ウッドデッキのすぐ外、通路にしている部分の脇に植えたので、枝が伸びすぎると通行の邪魔になるきらいがあります。

咲き続く木槿(2021年9月12日)

 家内が邪魔にするので、これまで一本立ちにして強めに剪定してきましたが、本来木槿は株立ちの樹形になるもの。この冬の剪定は背丈は短くするとしても、数本の幹を残して自然な樹形に近づけていきたいと思っています。

夏薔薇の剪定

 連日の暑さ続きで、庭や鉢花の手入も行き届かない日々が続いている。私は早起きが苦手で、庭に出て作業する準備が整うのは昼近くなってからなので、夏のガーデニングは苦手なのである。

 今日も、暑さの中、枯れそうになったペチュニアの切戻しと薔薇の剪定だけ行うことができた。

夏薔薇の剪定(2021年8月22日)

 剪定後の薔薇。これはグラハム・トーマス(Graham Thomas)である。暑さの中、無理して作業したので剪定前の写真は残っていない。撮影し忘れてしまったのである。

夏薔薇の剪定(2021年8月22日)

 剪定前の姿は伐った枝の量で想像してもらいたい。

 これまで、夏の間は咲き終えた花柄を取り除くときに少し深めに切り取っていたのだが、今回は花柄がたくさん付いていたので思い切って切戻した。つる薔薇は最頂部の枝が伸びすぎてしまうものなのだが、冬の誘引作業で必ず切り落としてしまう部分なので、今年はそれも切り落としてみた。

 寒くなるまでまだ時があるから、秋薔薇を楽しむことができるはずだ。

真夏のガーデニング

 8月になった。現在の外気温は34.3度。ペチュニアの花柄摘みをしようと植木鉢に近づいたが、身の危険を感じて作業は中止。まだ鉢は湿っていたように見えたのだが、念のため水遣りだけは行った。真夏の水遣りはできれば朝のうちに行うべきなのだが、昨日夜更かししたので、寝過ごしてしまったのである。

真夏のロベリア(2021年8月1日撮影)

 今年は隔週で液肥をやることにしていたのだが、戸外にいる時間を少しでも少なくするため、盛夏の間は化成肥料を鉢に置く方法に変更した。鉢の数が多いので液肥を規定濃度に薄めてジョウロで鉢に与えていく作業は、ホースにつないだ散水ノズルから水をやっていく作業に比較すれば、結構な時間の必要な作業なのである。

真夏の寄植え(2021年8月1日撮影)

 暑さの中、夏の花が元気に咲いている。このような気候に無理して屋外で作業をすることは控えた方が良い。今日は、夕方、涼風(すずかぜ)が立った頃に、面倒を見ることにしよう。涼風が立てばの話だが。

切り戻したロベリアのその後

 降り続く雨の影響で傷んでしまったロベリアを切り戻して二週間が経過した。ロベリアは少しずつ枝を伸ばし再び花を付けて、今は門口に相応しい鉢植えになった。

 切戻した株が再び花を付けるまでを時系列でお見せしよう。

切戻し後二週間のロベリア(2021年7月25日撮影)
切戻し後一週間のロベリア(2021年7月18日撮影)
切戻し直後のロベリア(2021年7月11日撮影)

ペチュニアとカリブラコアの寄せ植え

 このところ夏らしい天気が続き、夏の花が盛大に開花している。これはペチュニアとカリブラコアの寄せ植え。ロベリアの挿木苗も発根を確認して植え付けたのだが、これは芽を伸ばすことはなかった。

ペチュニアとカリブラコアの寄せ植え(2021年7月25日撮影)

 夏らしい寄せ植えになったと思う。今年は挿木で増やした苗を寄せ植えにしたのだが、そうすることによって花色がそろって、落ち着いた雰囲気になった。

寄せ植えのカリブラコア(2021年7月25日撮影)

 これはミリオンベル。サントリーの開発したカリブラコアの園芸品種である。手間がかからずにこんもりと育ち、たくさん花を咲かせるのでお気に入りの品種である。オレンジ色が夏の陽射しに映える花だ。

寄せ植えのペチュニア(2021年7月25日撮影)

 こちらはサフィニア。これもサントリーの品種だ。ペチュニアは花柄摘みが必要で、定期的に摘芯(ピンチ)しないと徒長してみすぼらしい草姿となる。こちらは見栄えは良いが、手間のかかる花である。

 肥料が足りないのか、気温が高すぎるのか、花弁の先端の模様が不揃いになっている。これが綺麗に入っていると涼しげで素晴しい花なのだが。

こぼれ種で咲いたロベリア

 いつの間にか玄関の鉢植えの脇から芽を出して花を咲かせている花がある。ロベリアに間違いない。去年植えたロベリアの種が自然に芽を出して根付いたものだろう。

こぼれ種から咲いたロベリア(2021年7月22日撮影)

 土もないような場所で、どうして育っているのか判らないが、敢えて根元を探って確かめることはしていない。推察するところ、塀と建物の基礎との間に、わずかに土が残っていたのだろう。植えて育ててもうまく咲かない花もあれば、何もしなくても自らの力で人知れず咲く花もあるのだ。ロベリアの和名は瑠璃蝶草。瑠璃色をした蝶のような花が咲く植物ということだろう。美しい名前である。

気がつけば門口に咲く瑠璃蝶草  藝齋

カリブラコアが枯れてきたので植え替えてみた

 玄関前を飾っていたカリブラコア「ミリオンベル(オレンジ)」が株元から枯れあがってきたので、植え替えてみた。これは去年植えたものが冬越しして今年も見事に開花したものだが、先週くらいから水遣りした水が土に浸透する前に鉢底から抜けてしまう症状が生じていた。それでも、繰り返し水をやって土に浸透するように試みていたのだが、どうもうまくいかなかったようだ。

枯れてきたカリブラコア(2021年7月22日撮影)
枯れ始める前のカリブラコア(2021年7月18日撮影)

 考えられる原因は、根が回り切ってしまったか、鉢と土の間に水道(みずみち)ができてしまって、土に浸透する前に水が鉢底から抜けてしまうようになったかのいずれかであろう。単に、株が老化して枯れてきたということも考えられないことではないが。

梅雨の最中のカリブラコア(2021年7月4日撮影)

 もう一つ考えられる原因は、梅雨の間に株が疲弊してしまったことだ。一年草として売られているものだから、そうだとしたら諦めなければならない。

植替え候補地

 植替えする場所は、挿木で増やした苗を植えたが、うまく根付かなかった場所である。幸い植え替えられる場所が残っていたので、ここにカリブラコアを植えることにする。

花壇に下ろしたカリブラコア(2021年7月22日撮影)

 原因はいろいろ考えられるが、最も気になった症状が、水やりしてもそれがきちんと土に吸収されないということだったので、花壇の空いている部分に植え替えてみた。暑かったので写真を撮るのを失念したのだが、鉢から外してみたところ、根が回ってしまっているようには見えなかった。ただ、根鉢がしっかりしていたので、二年の間にそこそこ根が回っていたことは間違いないだろう。

 ともかく、水遣りがうまくできていなかったことが原因であるならば、地植えにするのが最善の解決策だ。

 後日、元気に復活したカリブラコアをお見せできれば良いのだが。

夏の庭

 我が家の狭い庭にも夏がやってきた。夏の花が咲き、夏野菜が順調に育っている。

木槿(むくげ)(2021年7月18日撮影)
木槿(むくげ)(2021年7月18日撮影)
木槿(むくげ)(2021年7月18日撮影)

 我が家の木槿(むくげ)は、冬の間に深く切り詰めたせいか、開花が遅く花数も少ないようだ。枝が伸びすぎて邪魔にならないようにすることと、たくさんの花を咲かせることとは両立できないのだろうか。剪定の仕方に、まだ私の知らない技(わざ)があると良いのだが。

百合(ゆり)「カサブランカ」(2021年7月18日撮影)

 先週咲きはじめたカサブランカも咲き進んですべての蕾が開花した。先に咲いた花は、既に散ってしまったようだ。風邪気味のせいか、相変らず香りは感じにくい。カサブランカの花は、大変豪華である。背が高くなり過ぎて花が高いところで咲くので鑑賞しづらいのが残念である。

苦瓜(ゴーヤ)のカーテン(2021年7月18日撮影)

 ウッドデッキの前に作った緑のカーテン。園芸用ネットに絡ませた苦瓜(ゴーヤ)でできている。花壇の片隅に植えた二株で、ここまで繁った。目隠しと日除けの効果は十分である。苦瓜も既になり始めた。今年も、食べきれないくらい収穫できることだろう。