鉢植えの作り方

 今日は、鉢植えの作り方を紹介します。どの植物も方法は基本的に同じですが、今回はオステオスペルマムの苗を植付けていきます。

用意したもの

 用意するものは、次のとおりです。

  • 花苗(オステオスペルマムの苗)
  • 植木鉢(素焼き5号鉢)
  • 鉢底の炭
  • 培養土
  • 園芸シート(なくても良いが、あると便利)

 園芸用シートはダイソーで購入したものです。なくても大丈夫ですが、作業した場所を汚さずに済むので、あると便利です。一つ用意しておけば数年間使えます。

鉢底に網を敷く

  使用したのは、余っていた素焼きの5号鉢です。最初に、鉢底にプラスチック製の網を敷きます。

鉢底炭を入れたところ

 鉢底に炭を1~2cm敷き詰めます。勿論、鉢底石を使用しても問題ありません。鉢底石を使用するのが一般的でしょうが、土を再利用するときに炭なら分別する必要がないので、最近使い始めたものです。また、炭には土壌改良や害虫忌避の効果もあるようですので、園芸店で見付けたら、試してみることをおすすめします。

鉢底に土を入れたところ

 炭の上から、培養土を2cm程度入れます。紹介を忘れましたが、植付け作業に土入れはあった方が便利です。

苗をポットから出したところ(根鉢が回っている)

 その上に、苗を置き周囲に培養土を入れていきます。苗は引っ張らず、逆さにして手に取り出します。取り出しにくい場合は、ポットを揉むようにすると取れやすくなります。苗の根鉢が回っている場合は、底の白くなっている部分を取り除いてから植え付けます。手でも取れますが、うまくいかないときは、はさみで切り取っても良いでしょう。

培養土を入れた状態

 苗を中央に置いたら、周囲に培養土を入れて植え付け完了です。写真を撮り忘れましたが、周囲に入れた培養土は、割り箸のようなもので突いて用土を固めると良いでしょう。水遣りの後に土が沈んでしまった場合は、用土を足しておきます。

完成

 たっぷりと水をやって、陽当りの良い場所に置いたら作業は完了です。

 この日は、温かな気候でしたので、この後ウッドデッキの木製の椅子に腰を下ろして、新入りのオステオスペルマム、ビオラの寄せ植え、まだ花が咲かないクリスマスローズの鉢植えなどを眺めてのんびり過しました。

【関連記事】

美しいオステオスペルマム

 今週もオステオスペルマムが美しく花を広げている。 花弁がピンと伸びて、 花の形が端正なので、まるで勲章が咲いているかのようである。今年初めて植えてみた品種だが、眺めていても飽きるということがない。晩に花が閉じて朝起きてみるとまだ開き切っていない。陽射しを浴びて初めて花弁が完全に開くのである。

オステオスペルマム(2019年4月7日撮影)

 花もちもよく、今の季節でも切り取る花柄は週一回の花がら摘みで一鉢当り二、三本と言ったところなので、手入れも比較的楽だ。平日は昼間に開いたオステオスペルマムを見ることができないのが残念である。

 そういえば、月も改まったのでそろそろ肥料をやらないといけないかな。次の土日に置き肥をしよう。

オステオスペルマム(2019年4月7日撮影)

 そういえば、このオステオスペルマムは多年草のはずだから、花壇に植えても面白いのではないか。ただ、植える候補地の花壇は、花を植える前に手を入れる必要があるのだ。花壇の縁に入れてある煉瓦の埋め込み方に問題があるようなので、少しばかり煉瓦を調達して、花を植える前に、そして暑さがやってくる前に花壇の改造をしたいと思っているのである。

 これまでもガーデニングは植える場所を限定して続けてきたが、手が廻らない部分は積極的に手を入れて良くしようという気にならなかった。しかし、この連載を始めてから、庭を美しく彩りたいという、園芸を始めた頃の気持が少しだけ戻ってきたような気がしている。

オステオスペルマム(2019年4月7日撮影)

 楽して楽しむガーデニングは、何処へいってしまったのだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください