クリスマス・ローズの蕾がほころぶ

 本日は晴天なり。ついこの間までの寒さが嘘のように、日中は温かな日和(ひより)となった。そんな中で、玄関花壇に植えたクリスマス・ローズの蕾(つぼみ)がほころんでいることに気付いた。平日は忙しさにかまけて、たくさん付いている蕾の色が深まっていくことだけを確認して足早に駅に向かうのだが、今日は日曜日。十時から時代劇専門チャンネルで鬼平犯科帳をみて、そのあとでゆっくりビオラの花柄摘みなどしながら確認をしたものである。

クリスマス・ローズ(2022年2月27日撮影)

 これは八重咲のクリスマス・ローズ。植え付けてから十年近く経つと思う。ぼんやりと記憶に残っているのは、ホーム・センターの園藝コーナーで見切り品になっていた苗を植えたものだということだけである。

クリスマス・ローズ(2022年2月27日撮影)

 クリスマス・ローズの花はこの上なく美しい。その美しさは、その名のとおり花の女王薔薇に勝るとも劣らないものだ。薔薇に較べれば、手間もかからず育てやすい。もし上を向いて咲く品種が発売されたなら、園藝家たちが争って購入することだろう。

クリスマス・ローズ開花!(2022年2月27日撮影)

 愛用のカメラは壊れてしまい、まだ新しいものを入手していないので相変らず家内のカメラを借用して撮影している。扱い方が良く解らないのでどれもオートで撮影したものだ。フラッシュが焚かれてしまったが、止める方法が判らないので撮りなおしはしなかった。が、問題なく綺麗に撮影されている。ここに掲載したもの以外にも何枚か撮影したのだが、どれも不満なく綺麗な写真が撮れた。新しいカメラは、このカメラと同じソニー製のものでも良いかも知れない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください