冬を越したミリオンベル

 冬を越したカリブラコアのミリオンベルがたくさん花を付けた。花色はオレンジだ。カリブラコアは一年草として売られているが、いつまでも花が終らないので植えたままにしておいた株が、冬を越してまた花を付け始めたのである。

カリブラコア・ミリオンベル(2021年4月16日撮影)
カリブラコア・ミリオンベル(2021年4月16日撮影)

 過去の経験からすると、鉢の中は根が回ってパンパンになっているはずだから、植替えをした方が良いだろう。次の休みにでも作業することにしたい。根を整理して半分ほどの大きさにし、空いたスペースに新しい土を入れることで、根が成長できる余地を作るのである。地上部分も摘芯して、切った枝を挿し穂にして挿木で増やすことに挑戦してみることにしよう。この方法がうまくいけば、毎年苗を買う必要がなくなるのであるが、うまくいくであろうか。

カリブラコア・ミリオンベル(2021年4月16日撮影)
カリブラコア・ミリオンベル(2021年4月16日撮影)

 いや、せっかく順調に成長しているから、植え替えしたりせずにこのまま咲かせてしまっても良いかもしれない。そんなことも考えたりして、なかなか方針が決められないのである。

 せっかく咲いている花の根をいじると枯らしてしまう危険があるから、植え替えずに摘芯して、ピンチでできた枝を挿し穂にして挿木で株を増やす方が良いかもしれない。まあ、週末まで作業はできないのだから、まだ考える時間は十分にあるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください