原種系チューリップの蕾が

 これまで開花したトルケスタニカとタルダの他に、二種類の原種系チューリップが開花間近となっている。今年は、これまでやっていたパンジー、ビオラ中心の鉢植えにチューリップとアネモネの球根を加えただけで、花壇やコンテナが華やかになって、庭に出るのが楽しみである。

原種系チューリップの蕾(2021年4月11日撮影)
原種系チューリップの蕾(2021年4月11日撮影)

 これは原種とはいえ、蕾(つぼみ)の状態で十分にチューリップらしい華やかさを備えている。開きかけているが、この状態ですでに十分に美しい。

原種系チューリップのある寄せ植え(2021年4月11日撮影)

 こちらは、植える場所が足りなくてコンテナの鉢植えに加えた原種系チューリップ。少しわかりにくいが、チューリップの蕾が四つ付いている。

原種系チューリップの蕾(2021年4月11日撮影)
原種系チューリップの蕾(2021年4月11日撮影)
原種系チューリップの蕾(2021年4月11日撮影)

 綺麗なピンク色の蕾は形も整っていて、このままでも十分に鑑賞する価値がある。

 どんな花が咲くのか楽しみである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください