最後のチューリップ

 まだチューリップが咲いている。たくさん植えたチューリップの最後の残りである。バタリーニブライトジェムとリニフォーリアだ。

原種系チューリップ「バタリーニブライトジェム」(2021年4月23日撮影)

 バタリーニブライトジェムは透き通るような黄色で、一般的なチューリップに似た花の形をしている。複数の色を持った花も綺麗だが、単色の花も好ましい。

原種系チューリップ「リニフォーリア」(2021年4月23日撮影)

 こちらはリニフォーリア。球根セットに1個しか入っていなかったものである。この花はなかなか開かず、やっと開いたらもうくたびれた状態となっており、美しく咲いた姿を見ることができなかった。来年に期待したいと思っている。

 チューリップの花期もそろそろ終りである。

去年植えたチューリップの品種表

 花壇に植えが原種系チューリップは、球根を掘り出さずにこのまま年を越させてみるつもりである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください