ナメクジの食害(その2)

 今年はナメクジの食害がひどく、ペチュニアを中心に被害を受けていることは、前回記載したとおりだ。結局ナメクジ駆除剤を撒いたことまで記したことと思う。

ナメクジの食害を受けたペチュニア(2019年5月1日撮影)

 結果は良好。何匹かのナメクジの死骸を発見した後、目立った食害は起きていないようだ。激しく食害されたペチュニアがまた成長を始めてくれるできるかどうか、一週間ほど様子をみることにした。芽が出ないようなら、他の植物と入れ替えることも検討しなければなるまい。

 十年以上ペチュニアを育ててきて、これほど食害を受けた記憶がない。おそらく初めてのことだと思う。

 満身創痍となったペチュニアだが、これからは、例年どおり順調に育ってたくさんの花を咲かせてもらいたいものだ。

【関連記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください