つる薔薇の成長

 玄関花壇のトレリスに誘引したつる薔薇の蕾(つぼみ)が大きくなってきた。

 これは、グラハム・トーマス。イギリスの育種家、デビッド・オースチン作出の薔薇。イングリッシュローズである。イングリッシュローズはオールドローズの優美な花姿と香りとを兼ね備えた優秀な品種が多い。そして、この薔薇はさらに育てやすい強健さを兼ね備えた優秀な品種である。株立ちの薔薇として売られていたはずだが、我が家ではつる薔薇として育てている。

 たまたま同じ蕾を撮影した写真があったので時系列でお見せしよう。二枚の写真の撮影間隔はちょうど一週間。七日間の間に、これだけ蕾が膨らんだのである。

つる薔薇の蕾(2021年3月28日撮影)
つる薔薇の蕾(2021年4月4日撮影)

 例年、薔薇の開花は5月に入ってから。開花までまだ一月ほどあるはずだが、蕾をみているとそれよりも早く咲きはじめてしまいそうな勢いである。写真を見較べると、先週も雨だったようだ。週末に降られると、予定がくるってしまうのでつまらない一日となる。今日も雨に降りこめられて、やろうと思っていたクリスマスローズの鉢増しもできなかったのだ。

つる薔薇のシュート(2021年4月4日撮影)

 今年は、つる薔薇の株元からたくさんのシュートが伸び始めている。若い新芽の色が瑞々しくて美しい。これは来年、花を付けるための枝になる大切な部分である。折ったり傷つけたりしないよう、麻紐でゆるくトレリスに誘引して守りながら、大切に育てなければならない。

 うっかりしていると、シュートが塀とトレリスとの隙間に入り込んでしまうことがある。そうなると、あとでつる薔薇としての誘引ができなくなってしまうので、まめに観察していなければならない。シュートが隙間に入り込んでしまっているのに気付いたら、まだ新芽が柔らかいうちに、トレリスの外に出すよう軌道修正する必要があるのだ。

 週末園藝家の私も、平日の朝、鉢植えへの水遣りのついでに、毎日ちょっとだけ目をやって見るようにしているのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください