多肉植物の植替え

 冬の間、屋外に出したままになっていた多肉植物の植替えを行った。本来なら雨や霜のかからない場所に移しておくべきなのだが、面倒なのでそのままになっていたものだ。

用意したもの

 用意したものは写真のとおり。移し忘れたが、この他にピンセットがあると作業がしやすいだろう。多肉植物の挿し穂を土に差し込むときに、ピンセットがないと苦労することが多いからである。

冬を越した多肉植物の寄せ植え

 長い冬の間に枯れてしまった多肉植物もあるが、枯れた多肉植物の間で無事に生き延びたものがある。それらの、生き残った株を集めて寄せ植えにしてみた。

Sempervivum Pacific Grace

 これは「Sempervivum Pacific Grace」という名のタグが付属していたもの。ロゼッタ状の葉が美しく、強健で茎をのばしてテリトリーを増やしていこうとする。間延びして美しくないので、コンパクトに植え替えることにした。

冬を越した多肉植物の寄せ植え

 長く伸びた枝の先に、赤い色のコロンとした形状の葉が付いている多肉植物が生き残っている。

冬を越した多肉植物の寄せ植え

 これで植え付けは完了した。多肉植物の根は適当に整理しても大丈夫である。注意すべきは、通常の草花用の培養土ではなく多肉植物用の用土を使うこと。そして、植え付けて一週間ほどは水やりをせず、その後夏の間は週に一度ほど水をやるようにすること。

 ときおり、薄めの液肥をやればよく育つはずだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください