ウッドデッキの塗り替え(その6・最終)

 外壁塗装工事が完了し、足場が外れた。余計なものがなくなったウッドデッキは、やはり足跡がとても目立つ状況だった。不要な布で拭いてみたが効果はなかった。

 そこで、思い切って、3度目の塗装を行うこととした。キシラデコールは2~3回重ね塗りする塗料なので、3度目の塗装をするのに何の問題もない。塗料も残っていたので、処分するよりは塗ってしまった方がよいという判断もあった。

キシラデコールを3度塗りしたウッドデッキ
キシラデコールを3度塗りしたウッドデッキ

 ウッドデッキは黒々と美しくなった。色が色だから、これからの日常の中で足跡が付いたり埃(ほこり)が載ったりして、だんだん白っぽくなるだろうけれど、それはそれでよいのである。

 今回使用した塗料は水性キシラデコール・エクステリア。色は、パリサンダ。キシラデコールのホームページを見ると次のように書かれている。

 ハケ捌きが良く塗りムラになりにくいので、仕上げが簡単です。また、塗膜を作らないので、塗り替えの際もごみやほこりを落とすだけで上塗りすることができるなど、メンテナンス性に優れています。

キシラデコールのホームページより(大阪ガスケミカル)

 今回の作業で、再塗装を行う場合に古い塗膜を落す作業が、この上なく大変であることが判った。これまで、ウッドデッキをほうきではいて、すぐに塗装してきたのである。

 次の塗装も、迷わず塗膜を作らないタイプのキシラデコールを使うこととしよう。

【関連記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください