ウッドデッキの塗り替え(その5)

 ウッドデッキの塗り替えは終ったのですが、事情があって塗りたての美しいウッドデッキの写真をお見せすることができなくなりました。

 緊急事態宣言が発出されてから在宅勤務が標準となったので、在宅勤務とフレックスタイム制とを組合せてペンキ塗りをする時間を捻出しました。念願のウッドデッキの塗装(二度塗の二回目)をしたのですが、写真を撮る間もなく外壁塗装が始まり、塗装の終ったばかりのウッドデッキには壁を塗るための足場が立ったので、塗りたてのウッドデッキをお見せすることができなくなってしまったのです。

足場の立った塗りたてのウッドデッキ

 正確に言うと、塗装工事の始まる前日の夕方にウッドデッキの塗装を行ったのですが、作業が終ったことで安心して、写真撮影を忘れてしまったのでした。

 予定では十日もあれば、外壁塗装が終るので足場も取れるはずなのですが、塗装直後の美しいデッキの写真を撮ることは、できなくなってしまいました。職人さんの足跡がたくさんついてはいますが、綺麗に塗装されていることは確かです。

足跡がついているが、綺麗に塗装できている
撥水効果は十分だ

 ともあれ、ウッドデッキの性能は保てたはずですから、これで良しとするしかありません。上の写真で判るとおり、キシラデコールの効果はきちんと発揮されているようです。

 【関連記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください