ウッドデッキの塗り替え(その1)

 ウッドデッキの塗り替えをするために、昨日ホームセンターへ行って材料をそろえました。行く前によく確認しておかなかったのが悪いのですが、今日は塗装まで終らせることができませんでした。

塗り替え前のウッドデッキ(2020年3月22日撮影)

 これまで、ウッドデッキの塗装はキシラデコールを使ってきました。キシラデコールは木材に浸透して保護する塗料で、塗膜は作りません。これだと、再塗装の下処理は清掃程度で済みます。

 ところが、前回の塗装で使用したキシラデコールウッドコートは古い塗膜の除去が必要で、これを甘く考えていたために、作業が完了できなかったのです。キシラデコールウッドコートは木材に浸透して保護すると同時に、塗膜を作るタイプです。

塗り替え前のウッドデッキ(2020年3月22日撮影)

 再塗装の場合は古い塗膜の除去が必要なのです。

 塗りなおしてから随分時間が経ったので、塗膜は部分的にしか残っていないと思っていたのですが、ウッドデッキの清掃をしてみたら、結構塗膜が残っていたので、手作業では大変です。

 来週の土日に、電動サンダーのような工具を買ってきて、再挑戦することにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください