ウッドデッキの塗り替え(その2)

 今週末は雨と雪にたたられて、ウッドデッキの塗り替え作業をすることができなかった。

 先週確認したところ、前回塗った塗料の塗膜がまだ残っている部分が多いため、購入してきた浸透性のキシラデコールを塗るためには、古い塗膜を除去する作業が必要なことが判った。せっかく材料を揃えたのだが、予定どおり進めるべきかどうか迷っている。材料を買いに行く前によく確認すればよかったのだが、土ぼこりの乗ったウッドデッキは塗膜が残っているように見えなかったのである。事前に掃除して確認すべきだったのだが。

塗り替え前のウッドデッキ(写真は先週撮影したもの)

 今考えている善後策は次のとおり。

 一つは、予定どおり既存の塗膜を除去して浸透性キシラデコールを塗装することだ。こうすれば均一な仕上がりになるはずだが、塗膜除去の工程に手間がかかる。近所のホームセンターで工具をレンタルできるようなので、借りられるようならこちらを選択しようと考えている。ただし、こちらの方法を選択した場合は、次回の再塗装は塗膜除去の工程が不要になるため、容易に作業できるようになるはずだ。

 もう一つは、既存の塗膜が劣化している部分に限って紙やすりなどを使って人力で塗膜を除去し、前回塗ったキシラデコールウッドコートの残りで塗装しておくことだ。応急処置のような対応である。これだと、処分できずに置いてあった古い塗料を使いつくすことができるので、ある意味一石二鳥となる。一方、せっかく買ってきた新しい塗料をしばらく保存しておくことになるし、いずれ近いうちに古い塗膜を全て剥がして再塗装する必要は生じるはずだ。作業を先延ばしするだけのことだ。

 前回塗装してから何年経ったのか、記録が残っていないので判然としないのだが、おそらく5年程度は経過していることだろう。大雪の中で濡れたウッドデッキを視ると、撥水性などは残っておらず、木材が水を吸い込んでしまっているように見える。

 手間はかかるが塗膜を剥がして浸透性キシラデコールで再塗装した方が良いだろう。ここは、手間を惜しまず作業するのが吉となるのではないか。塗膜を作らないタイプの塗料を入手してあるので、定期的に塗りなおすことを忘れなければ、次回からは悩まなくて済むはずだ。

【関連記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください