咲き続くピエール・ド・ロンサール

 ゴールデン・ウィーク明けに咲いたピエール・ド・ロンサール。その後順調に開花を続け、今日も庭で咲き誇っている。このところ雨が多く、そのせいでいくつかの花が傷んでしまったものの、まだまだ満開の状態が続いている。花弁の多い花が雨の重さに耐えかねて、花首が折れてしまうのである。

 しかし、まだ蕾がたくさん残っているから、来週もこの花の美しい姿が眺められるものと思う。

ピエール・ド・ロンサール(2022年5月22日撮影)
ピエール・ド・ロンサール(2022年5月22日撮影)

 咲きかけた花のコロンとした形と、淡いピンクから濃い桃色に変るその花色のグラデーションは他に類を見ない美しさだと思う。一輪でも良いから秋に返り咲いてくれたら本当に素晴らしいと思うのだが、ないものねだりというものであろう。

ピエール・ド・ロンサール(2022年5月22日撮影)

 この花は一輪一輪の美しさに価値があると思っているのだが、房になって咲く姿も悪くない。咲き終りの薔薇は、今にも散り始めそうだ。

薔薇の近くで咲くクレマチス「ザ・プレジデント」(2022年5月22日撮影)

 今年は薔薇のそばまでクレマチスを誘引したのだが、あいにく花期がずれてしまい、この二種類の花が入り混じって咲く姿を見ることはできなかった。が、クレマチスは長く咲く花である。薔薇から少し離れた場所では、クレマチス「ザ・プレジデント」が大輪の花を咲かせている。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください