ピエール・ド・ロンサール開花

 ピエール・ド・ロンサール(Pierre de Ronsard)も開花した。ピエール・ド・ロンサールの美しい花が見たくて、毎年この頃になると、開花が待ち遠しい気分になる。

ピエール・ド・ロンサール開花(2022年5月6日撮影)

 我が家では、庭のフェンスに誘引しているが、本来ならばもっと高さが必要な品種である。フェンスを継ぎ足してもっと高い位置まで誘引したいのであるが、今のところ家内の許可が出ないので、小ぢんまりと育てている。

開きかけたピエール・ド・ロンサールの蕾(2022年5月6日撮影)

 それでも初夏の花付きは素晴らしく、この上なく美しい花を大量に付ける様は言葉で表現するのが難しいほどの美しさとなる。

ピエール・ド・ロンサール開花(2022年5月8日撮影)
ピエール・ド・ロンサール開花(2022年5月8日撮影)

 ピエール・ド・ロンサールは強健な性質による育てやすさと、その花の夢のような美しさから高い人気を持った品種である。園芸店でも比較的入手しやすい薔薇だ。惜しむらくは、花ににおいがないこと、そして初夏にしか咲かないことだ。

 しかし、比類なきこの美しさは何物にも代えがたい。これから薔薇を育てるような方におすすめしたい品種である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください