クリスマスローズ(八重)が満開に

 いくつかあるクリスマスローズの一つが満開となった。八重咲のクリスマスローズである。

満開となったクリスマスローズ(2020年2月23日撮影)

 やはり、今年の開花は昨年よりも早い。今日は、強風の中で撮影したため、ぶれずに取れた写真は何枚もなかったので、満足できる写真は数えるほどしかなかった。

 その中でも、見られそうな写真をいくつか上げておこう。

 古い葉を切り取っていないので、写真にすると見苦しい。新しい葉が出てくると同時に、古い葉は力を失って枯れ始めるのだが、曰つ切り取るべきかいつも迷ってしまう。迷った挙句、完全に枯れるまで古い葉を残してしまうことが多いのだが、これで良いのかは、よく判らない。

 微妙で複雑な色調の花は非常に美しい。何枚もの花弁が、規則正しく並ぶ様は、薔薇の美しさを超えるものがあるかも知れない。この花の名は、それが由来なのだろう。

 クリスマスローズの花に見える部分は、花冠・花弁ではなく萼なので、咲き終っても萎れることなく美しさを保ち、 長期にわたって 鑑賞することができる。

 隣に植わるもう一株のクリスマスローズ(黒・シングル)は、まだ花芽が伸び始めたばかりである。

【関連記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください