クリスマスローズのつぼみが綻び(ほころび)はじめた

 このところの寒気のせいで、植物たちの春への準備が止まってしまった。クリスマスローズもガーデンシクラメンも蕾(つぼみ)が中々開かない。

 クリスマスローズの蕾は一気に開くことはなく、暖かくなるのを待っているかのようである。

綻びかけたクリスマスローズの蕾(2020年2月9日撮影)

 まだ2月上旬だ。暖冬で厳しく寒い日が少ないからといって、この花が咲くにはまだ少々早い。本当の温かさがやってくるまで用意周到に待っていてもらわなければ困る。
 毎年、いろいろな花を見ていると、植物の正確に繰り返す成長の周期というものには、本当に驚かされる。まだまだ寒いと思っていても、我々の気づかないうちに植物は抜かりなく春への準備を進めているのである。

クリスマスローズ(2020年2月9日撮影)

 蕾もたくさん上がってきた。

 本格的な春が待ち遠しい。

【関連記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください