ロベリアの切り戻し

 鉢植えのロベリア「アズーロコンパクト」の花が少なくなり、花柄ばかりが目立つようになってきた。この品種は本格的な切り戻しは必要ないはずだが、長雨で株が弱っているように感じたので、思い切って切り戻しを行った。

満開のロベリア「アズーロコンパクト(スカイブルー)」(2021年6月27日撮影)
枝垂れるロベリア「アズーロコンパクト(スカイブルー)」(2021年7月4日撮影)

 二週間前は、元気に美しく咲いていたのだが、連日の雨で株が枝垂(しだ)れ花柄ばかりが目立つようになった。上の写真は一週間前のものだが、この後も雨の日が続き、アズーロコンパクトは見苦しい状態になっていたのである。

切り戻したロベリア「アズーロコンパクト(スカイブルー)」(2021年7月10日撮影)

 切り戻してさっぱりさせたロベリア。たまの休日の晴れ間、久しぶりの暑さの中で、外出前に急に思い立って作業を行ったので、切り戻す直前の写真はない。

 来週か、再来週あたりには、また美しく咲いたロベリアの姿をお見せすることができるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください