桔梗咲き進む

 桔梗(ききょう)といえば秋の花だと思っていたのだが、もう咲き進んできた。これは、通路の両側、ウッドデッキの近くに一昨年植えたものだ。桔梗は宿根草なので、一度植えれば、毎年繰り返して咲いてくれる重宝な品種である。

 できればもう少し上を向いて咲いてくれると有難いのだが、そのうち株の力が満ちてくれば、上を向いて咲くようになるかも知れない。

桔梗(2021年6月10日撮影)

 枯れた花をこまめに摘み取っていれば、どんどん咲いてくれるはずだ。が、週末園藝家の私は、平日面倒を見ることができない(しないだけでもある)ので、どこまで咲かすことができるかは分からない。

桔梗(2021年6月10日撮影)

 私は、桔梗の花色と花の形が好きである。旅の途中で高原に咲く桔梗を見たときなどは、爽やかな気分になる。秋の七草のひとつとして古くから鑑賞されてきたのも、もっともなことだ。

桔梗(2021年6月10日撮影)

 桔梗は古く朝顔といわれ、万葉集にも次のように詠まれているらしい。

朝顔は朝露負ひて咲くといへど夕影にこそ咲きまさりけり(あさがほは、あさつゆおひてさくといへど、ゆふかげにこそさきまさりけり)

万葉集より(作者不詳)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください