クリスマスローズの鉢植えを陽当りの良い場所に

 クリスマスローズの鉢植えを、陽当りの良い場所に移した。

 花壇に植えているクリスマスローズが良く育っているので、そのすぐそばに置いていたクリスマスローズの鉢植えだが、寒さと陽当りの悪さのせいで葉がいじけてしまっていたので、陽当りの良い南側のウッドデッキの上に移動させた。

クリスマスローズ(2021年1月31日撮影)

 クリスマスローズの苗はずいぶんたくさん購入したのだが、鉢植えは育てるのが難しく、今残っているのは3鉢(と植替え時に分かれてしまった小さな1鉢)だけになってしまった。

クリスマスローズ(2021年1月31日撮影)

 鉢増しは、手間を惜しまず、鉢は少しずつ大きくしていかないと根腐れの原因になるので気を付けねばならない。知識としては知っているのだが、大きすぎる鉢を使って失敗することもある。上の写真は、9苗手に入れてそのうち生き延びたのはたったの2株である。失敗の原因は植え替えた鉢が大きすぎたせいではなかったかと反省している。

 今年は不景気なので購入することは難しいかもしれないが、次に苗を入手した時は、植替え時は一回りだけ大きな鉢に植え替えることを忘れないようにしなければなるまい。

植替え時に分かれてしまったクリスマスローズの小さな鉢(2021年1月31日撮影)

 去年買ったクリスマスローズを植え替えしたときに、取れてしまった小株を手持ちの小鉢に植えたものは、すぐに枯れてしまうかなと思っていたのだが、今も緑の葉を付けている。これは鉢の大きさがちょうど良かったのだろう。

ガジュマルも日光浴(2021年1月31日撮影)

 寒さから守るために、部屋の中に置いているガジュマルも久し振りに水をやって、陽に当てている。そろそろ陽が陰ってきたから取り込んだ方が良いかもしれないな。

【関連記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください