クリスマスローズの植替え

 11月の初めにクリスマスローズの植替えを行った。去年購入してそのたままになっていた開花株を、大きめの植木鉢に植替えたのである。クリスマスローズの植替え適期は10月から11月の間だ。

 用意したのは、上の写真のとおり。余っていた植木鉢、培養土、鉢底炭、鉢底網、そしてクリスマスローズである。

 鉢底網を入れて、その上に鉢底炭を入れる。鉢底石は使わない主義なのだが、底の深い大きな鉢を使うので、水はけのために2~3cm鉢底炭を入れてみた。最近ホームセンターで見付けたもので、植物のために炭は良い効果があるのではないかと思う。鉢底網は余ったものを使用したので、妙な形になっている。

 土を入れるための用具があると便利である。私が使っている土入れは百円ショップ「ダイソー」で入手したもので、大小二種類セットになっていたものだ。

 鉢底炭の上に、途中まで土を入れる。

 クリスマスローズの根鉢を購入した時の鉢から取り出す。プラスチックか塩化ビニールかのようなポットに植わっていたので、周囲を軽く揉んで逆さにすると簡単に取り出すことができた。言うまでもないことだが、苗を持って引っ張ってはいけない。

 植木鉢に入れてみて、程よい高さになっているか確認する。2~3cmのウォータースペースが確保できればOKだ。今回は高さが足りなかったので、一度苗をどかしてから土を足して高さを調整した。

 土入れで根鉢の周りに培養土を入れていく。土を入れたら、割り箸のようなもので、新しく入れた培養土に差し込んで土をなじませる。土が沈んだら、培養土を足して、新しい土の高さが根鉢の肩のところまで来るようにする。

 根鉢を外した時にこぼれ落ちてしまったクリスマスローズの苗があったので、手持ちの小さな鉢に同様に植えることにした。

 植替えた株を定位置に置いて、たっぷりと水を遣れば本日の作業は終了である。

 来年の春に美しい花を咲かせてくれると良いのだが。

【関連記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください