ロベリアとペチュニアの寄せ植え

ロベリアとペチュニアの寄せ植え(2020年6月26日撮影)

 玄関先に飾ってあるロベリアとペチュニアの寄せ植え。葉物は冬のうちに植えた初雪葛(はつゆきかずら)が今も残っているものだ。ロベリアは伸びすぎて草姿が乱れていたので、鉢から飛び出した部分を選定した直後である。梅雨前に切り戻しするとよいのだが、放任でここまで無事に育った。

ロベリア(アズーロコンパクト)(2020年4月30日撮影)

 ロベリアはサントリーの苗「アズーロコンパクト」だ。上の写真と較べてみると、いつの間にか左右が逆になっている。記憶をたどると、ロベリアによく日が当たるように、向きを変えたのだ。

 サントリーの苗はサフィニア(ペチュニアの商品名)やミリオンベル(カリブラコア)で育てやすく綺麗な花がたくさん咲くことを経験していたのだが、ロベリアも大変素晴しい。サントリーの苗は銘柄のない苗と較べると倍近い価格がするのだが、かける手間暇を考えると、どうせ育てるのなら良い苗を選ぶ方が結局お得になるのではないだろうか。

 梅雨も終りに近い。本格的な夏はすぐそこまでやってきている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください