カメラが壊れたので

 カメラが壊れてしまったので、代りのものを物色し始めた。が、どうもコンパクト・デジタル・カメラには冬の時代のようで、物欲を刺激するようなカメラが見つからない。

壊れてしまったRicoh CX4

 高い、古い、選択肢が少ない。

 調べる時期が悪いのか、製品の価格が高い。型遅れで良いので安いのが欲しいのだが、以前の感覚では型遅れと言われるようなものが、堂々と現行機種として売られている。これが高い、古いと言った所以(ゆえん)だ。そして、新機種が発売されていないので、選択できる商品が少ない。何しろ、ヨドバシカメラやビックカメラをのぞいても、コンパクト・デジカメが並んでいるスペースはほんのわずかしかないのである。

 最近はスマートフォンのカメラの性能が良くなってしまって、コンパクト・デジタル・カメラの市場を喰ってしまっていると聞いて久しいが、それを実感した次第である。需要が減っているのなら、価格が下がるのではないかとも思うが、そういった現象は一巡してしまったようだ。新商品を開発しても元が取れないので、かつて開発した機種を細々と売っている状況のようだ。

 今は、次のカメラを買うべきか否か。買うとすれば、何のために買うのか。それを考えているところである。スマートフォンのカメラで事足りるので我慢するのか。花撮影専用に、安くても大きめの機種を買うのか。旅行でも使えるように、高性能で小さく、花撮影にも向く近接撮影できる機種を買うのか。いやいや、旅行の時こそ、大きめの機種が良いのではないか。しかし、大きく重いカメラを持ち歩くのは大変だ。

 そんなことを考えていると、思いが堂々巡りとなって、本当に新しいカメラが必要なのかという疑問すら浮かんできてしまう。

 金があれば、とりあえず適当なものを買うのだが、それができない昨今の状況なのであります。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください