原種系チューリップ球根の植付け

 園芸のYouTubeで原種系チューリップが毎年咲いておすすめと知って、早速量販店で仕入れて来た。買おうと思って出かけたのではなく、毎週家内と行く買物先で見つけたので購入したのである。たしかに、「植えっぱなしで翌年も咲く!」と書かれている。

購入してきたチューリップの球根

 最後に残っていた球根。複数の品種がミックスされたものだ。最後の一袋だったので、選択の余地はなかった。

品種の説明入り

 きちんと品種の説明が入っているので、咲いた花の品種を確認することができそうだ。早速植付けていく。

 我が家の狭い庭の半分は家庭菜園にしているので、園芸用の植物を植える場所が少ない。庭に植えるか、玄関花壇に植えるか、しばらく迷った末に先日仕立て直したつる薔薇の株元に植えることにする。

 これまで、薔薇の株元には薔薇の肥料をやるようにしてきたのだが、今年は他の場所と同じ肥料を施すことにした。ちなみに、千日紅が旺盛に育って途切れなく花を付け続けている。花柄を摘んだ記憶もないから、放任でここまで育ったのである。千日紅は、去年コンテナに植えてみるまでは根拠なく敬遠してきたのだが、こうして花壇に植えてみると大変素晴しいことに気付かされた。毎年植える草花のベースを変える必要はないが、こうして違う品種を加えてみると、新しい発見があるので面白い。

 私が使っているのは、住友化学園芸のマイガーデン元肥用である。一年間効くというのが気に入っている。しばらく使っているが、きちんと一年間効いているようなので、薔薇にも使うことにしたのである。

 園芸用品は、どんなものも薔薇用を謳うだけでニ、三割は割高になるので、花用の肥料なら本当はどれを使っても問題ないのである。(と思う。)

 球根を植付けた状態。と言っても、球根を植えた後だから見ても判らないだろう。実は、この場所だけでは狭すぎて植えきれず、写真の左側、クリスマスローズの葉がかぶっている部分にも何球か植え付けた。(この後、水を遣ったのだが水を遣った後の写真はありません。)

 今年は球根をたくさん植えたので、来年はいつもと違う花壇やコンテナ寄せ植えが楽しめることだろう。

 【関連記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください