庭のカサブランカ

 庭のカサブランカが咲き進んだ。今日は昼頃庭に出て写真を撮ったのだが、昨日までとは打って変って空が晴れ上がり、夏らしい暑さとなった中、大輪の百合(ゆり)が三つ。なかなか見事である。

咲き進んだカサブランカ(2020年7月19日撮影)

 蚊に刺されるのが厭で、長袖を着たまま庭に出たのであるが、しばらくして流れる汗が止まらなくなってしまった。梅雨が明ければ、本格的な暑さがやってくるのだから、熱中症などにならぬよう十分気を付けねばならない。

咲き進んだカサブランカ(2020年7月19日撮影)

 百合の葉の上に、小さな蛙が乗っているのが判るだろう。我が家には蛙がたくさんいる。これも農薬などを使わずに植物を育てているからだろう。いや、害虫を見付けたときは防除のために最小限の薬剤は撒いているが、ほぼ無農薬でやっている。だから、蛙や蟷螂(かまきり)が育っているのだ。

 暑さのために、百合の香りを楽しむのも忘れて部屋に戻ってしまった。家の中はまだ昨日までの涼しさが残っており、冷房をかけずとも快適に過ごすことができる。本格的な夏はすぐそこまで来ているようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください