南向きの掃き出し窓に日除けを設置した

 我が家の居間には、庭に面して南向きの出入り可能な窓がある。その前にはウッドデッキが設置してあり、その向こうに小さな小さな庭が存在している。陽射しを遮りつつ外の風を入れるために、その窓に日除けを設置した。

日除けとして設置したスクリーン

 これまで、毎年、簾(すだれ)を取り付けてきたのだが、自然素材の簾の場合は、三年も経たずに劣化してしまい、廃棄するためにごみ袋に入るように加工するのが結構大変なので、今年はスクリーンにしてみた。上下にプラスチック製の棒が付いているが、廃棄する時には、これを切断するだけならさほど大変な作業ではないだろう。

 ちなみに、この製品の売り場には、棒の入っていない布状の商品で、ロープで固定するタイプの商品も置かれていた。

購入したのはワタナベ工業のル・ソレイユ」だ

 今回取り付けたスクリーンは紫外線を99%カットすると謳われているが、効果はどうだろうか。評価するには、しばらく時間が必要だろう。

日除けスクリーンを設置したところ

 設置してみたところは、涼しげでなかなかよろしい。あとは耐久性次第だが、これも暫く時間が経たないと判らない。

外観

 外から見たところは、目隠しの効果も十分あるようだ。これなら、簾の代りに十分である。これで、本格的な夏を前に日除けの準備が完了したのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください