庭の来訪者

液肥の蓋に登る天道虫(てんとうむし)

 今年も、いろいろな生き物が庭を訪れる。蝶や蜂などの動きの速い生き物は撮影することができないのだけれども、蛙などのおっとりした生き物は写真をのことことができる。蛙という生き物は、じっと動かずにいることが多く、近寄ってみようとすると顔を背(そむ)けて嫌がったりするところがユーモラスである。

庭の来訪者(2021年5月20日撮影)
庭の来訪者(2021年5月20日撮影)

 この蛙は、冬の間に土を掘り返すと出てくる種類だ。長く耕していなかった硬い土の中に、しっかりと隠れて寒さを避けていた種類である。

庭の来訪者(2021年5月9日撮影)

 鉢植えに液肥をやっている間に天道虫(てんとうむし)が邪魔しに現れた。さして高さもない液肥の蓋によじ登って、もっと高いところを探していたが、やがて羽を広げて飛び立っていった。天道虫は油虫を食べてくれるので益虫とされている。

 初夏の忙しい時に作業を邪魔されるのは困るのだが、こちらも天道虫の邪魔をしないようにしていると時がゆっくり進むような気がして、少しだけゆったりとした気分になれるのであった。

庭の来訪者

 今週日曜日、庭で花にら(イフェイオン)の様子を視てたら、ウッドデッキの辺りでドタドタという音がした。驚いてそちらを見たら何かが逃げていく影が。茶色いような色に見えたので「狸か!?」と思って逃げた方を確認したら、いました。庭の来訪者が。

庭の来訪者(2020年12月20日撮影)
庭の来訪者(2020年12月20日撮影)

 そこには三毛猫がこちらの様子をうかがっていたのです。おそらく野良でしょう。

 寒い日の昼下がり。ウッドデッキには午後の陽射しが当って、心地よい暖かさに誘われてウッドデッキの下でくつろいでいたのだと思われます。

 邪魔してすまなかったな。野良猫君。驚かすつもりはなかったのだが。

花にら(2020年12月20日撮影)

 ちなみに、眺めていた花にら(イフェイオン)はこんな状態です。花にらは花が咲いていないと韮(にら)にそっくりです。匂いが韮に似ているくせに毒性があるという厄介な植物ですので、間違っても食用の韮の近くに植えてはいけません。さらにちなみに食用の花にらというのもあって紛らわしいのですが、勿論こちらは食すことが可能です。

 園芸用の花にら(ハナニラ、イフェイオン)は食べられないということです。

【関連記事】

庭の来訪者

 手入れの悪い我が家の庭には、いろいろな来訪者がある。毎年必ず見かけるのは、蛙(かえる)と蜥蜴(とかげ)である。どちらも虫を食べてくれるので、大切にしている。

庭の来訪者(2020年6月26日撮影)
カサブランカと庭の来訪者(2020年6月26日撮影)

 蛙は百合(ゆり)の葉に休んでいた。この百合はカサブランカ。昨年植え付けたものだ。つぼみもいくつかついて、今年も豪華な花を咲かせてくれそうだ。

庭の来訪者(2020年6月26日撮影)

 どこからやってくるのか、蜥蜴も必ず毎年現れる。庭で越冬しているのか。

 正しくは、蜥蜴ではなく金蛇(かなへび)かも知れない。子供の頃からこの生き物のことは「トカゲ」と呼んできたのだが。

【関連記事】

 

庭の珍客

 我が家のウッドデッキは、猫にとっても居心地が良いらしい。子猫を連れた親猫がやってきたことが幾度かある。

 この日、我が家を訪れたのがこの猫だ。2018年5月のある朝のことである。首輪もしていなかったし毛並みもあまり良くなかったので、多分野良猫だろう。この猫は、この後、幾度か姿を見掛けることになる。この場所が気に入ったのだろう。

 カーテンの間から窓越しに撮影する。最近のカメラは性能が良い。と、言ってもこのカメラは買ってから随分年月が経つのだが。

 気配を覚られてしまったか。こちらが覗いていることを気取られてしまったようだ。

 猫はすぐに姿を消してしまった。

【関連記事】