ビオラ苗の植付け

 冬の寒さが本格化する前に、夏の草花から冬春の草花への入替えを終らせる必要がある。そのため、少しずつ鉢植えの植替えを進めてきたのだが、今日は最後に残ったカリブラコアとマリーゴールドをビオラに植え替える作業を行った。

 今後、気に入った苗が見つかれば追加で植え付けることもあるかも知れないが、冬を迎える園芸準備は、これで一応は終了した。

準備したもの

 準備したものは写真のとおり。ハンギングバスケットは今日までカリブラコアとマリーゴールドを植えていたもの。テラコッタのコンテテナは空き家のまましばらく放置していたものだ。

【準備したもの】

  • テラコッタのコンテナ  1
  • ハンギングバスケット  2
  • ビオラの苗       4
  • 鉢底炭
  • 培養土(元肥入り)

 鉢底網を適当な大きさにカットして鉢の底に敷き、その上に鉢底炭を薄く敷き詰めて、さらに薄く培養土を入れる。鉢底炭を入れた状態の写真を撮り忘れたので、上の写真は培養土を一部どかして鉢底炭をみえる状態にして撮影したものである。

 最初の写真で撮り忘れたが、元肥を追加した。私が愛用しているのは住友化学園芸のこの肥料である。培養土は元肥入りなので不要なのだが、この先追肥の心配をしなくてよくなるので、今回は入れてみた。

 苗を配置して、周りに土を入れたら鉢の縁に近いところに元肥をばらまいて割り箸でついて土に混ぜこむ。土を締めるために行う作業を少しだけ念入りにすればよいのである。

 飾りたい場所に配置して、たっぷりと水を遣れば作業は完了である。植付けと同時に、花柄摘みも行っておく。テラコッタの鉢と花色がマッチしてなかなか良い仕上がりだと思う。小振りのコンテナなので、葉物も入れずに同じ花色のビオラ二株だけでまとめてみた。

 二つのハンギングバスケットも同様に植付けを行った。ハンギングバスケットに一株ずつ植えた苗は二つとも花色に特色があって、どちらもおもしろい株である。

 この株は、紫のグラデーションが美しく、わずかにフリルがかかっていて、これまで見たことのない美しさだ。安価な苗を購入したのだが、初夏まで咲き続けてくれるはずだ。

 こちらの株は一株で紫、黄色、薄紫から薄黄色のグラデーションと複数の色を持った花を咲かせる。このような苗は、以前からあったように思うが、ここまで色の幅が多いのは初めて見たように思う。これも気に入って購入してきたものだ。季節が進んで気温が下がってくると、また違う姿を見せてくれるはずだ。

【関連記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください