ドルフィンネックレスに花が咲いた

 我が家の多肉植物、ドルフィンネックレスに花が咲いた。ドルフィンネックレスのことをグリーンネックレスの一種(枝変りかなにか)ではないかと思っていたのだが、調べてみると「グリーンネックレスと七宝樹の交配種」が正解のようだ。

ドルフィンネックレス(2020年1月1日撮影)

 ドルフィンネックレスの名は、この葉の形から来ている。イルカ(ドルフィン)がジャンプしているように見えるはずだ。

ドルフィンネックレス(2020年1月1日撮影)

 上の写真をよく見ると、大量の蕾ができているのが判るだろう。
 花が咲くことは期待していなかったので、得した気分である。が、こんな季節に咲くのはおかしいのではないか。そう思って調べてみると本来の開花期は春らしい。やはり、この時期に咲くのはかなり早いのだろう。そういえば、今年は蠟梅の開花も例年に比べ非常に早かったので、気候に原因があるのかも知れない。

ドルフィンネックレスの花(2020年1月1日撮影)
ドルフィンネックレスの花(2020年1月1日撮影)

 花は小さな花が集まったタイプだ。まだ一輪のみの開花であるが、微かに甘い香りがしたようだ。確認するには、もっとたくさんの花が咲くまで待たねばならないだろう。

ドルフィンネックレスの蕾(2020年1月1日撮影)

 蕾はこのような形。蕾が付いているのは確認していたのだが、本当に花が咲くのかどうか半信半疑であった。そのうち、蕾の先端から白いものが現れ、やがてその白いもののそれぞれが花開いたのである。

【関連記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください