ラブリー・メイアン開花

 ラブリー・メイアン(Lovely Meilland)は京成バラ園で修景薔薇として売られていたもの(だったと記憶している)。この場合の修景すなわち景観整備を意味すると思うのだが、購入当時のパンフレットには「手をかけなくても良く咲く強健な薔薇」というような意味のことが書かれていた。

ラブリー・メイアン(2020年5月17日撮影)

 我が家では、オベリスクに誘引してつる薔薇のように育てている。確かにこの上なく強健で花付きもよい。

ラブリー・メイアン(2020年5月17日撮影)

 だが、私はこの花の開ききった姿があまり好きではない。もっとも、隣に植えてあるピエール・ド・ロンサールでさえ、開ききった花は完璧な美しさを失うのだが。あるいは、あまりにたくさんの花が咲くので、開きゆく花の美しさを愛でること忘れてしまうのかも知れない。

ラブリー・メイアン(2020年5月17日撮影)

 しかし、開き始めたこれらの花はなかなか美しい。

 まだ、ラブリー・メイアンは咲きはじめたばかりだから、開ききった花はない。開きかけの花ばかりお見せしたが、私はこの状態が一番好きなのである。

【関連記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください