グラハム・トーマス開花

 グラハム・トーマス(Graham Thomas)が開花した。

グラハム・トーマス(2020年5月10日撮影)

 同じタイトルの記事を去年は5月4日に上げているから、今年は去年よりやや遅れての開花となる。グラハム・トーマスは英国デービッド・オースチン作出の薔薇だ。彼の薔薇は特にイングリッシュ・ローズと呼ばれている。

グラハム・トーマス(2020年5月9日撮影)

 グラハム・トーマスは、そんなイングリッシュ・ローズの中でも、特に育てやすい強健な品種である。

グラハム・トーマス(2020年5月9日撮影)
グラハム・トーマス(2020年5月9日撮影)

 グラハム・トーマスの濃厚な黄色が大変美しい。私は、薔薇の蕾が開きかけた瞬間が最も美しいと感じる。イングリッシュ・ローズには完璧という言葉が相応しいのではないかと思う。

グラハム・トーマス(2020年5月10日撮影)

 まだ咲きはじめたばかりだから、これからしばらくの間は、グラハム・トーマスの花を楽しめるだろう。

【関連記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください