オステオスペルマムの植替え

 最初に植えたオステオスペルマムの根が鉢底から出てきたので、植替えを行った。他のオステオスペルマムと比較して小さな鉢に植えていたこともあって、根がいっぱいになってしまったらしい。

植替え前のオステオスペルマムと植替え予定の鉢

 オステオスペルマムは水遣りが必要な状態になっており、葉がしおれてしまっているが、植替え前に水遣りをすると土が水を含んでベトベトになってしまい、植替え作業に支障が生じるので、このまま植替えを行う。植替え用の鉢は、少々大きすぎるのだが、程よいものが手元になかったため、この鉢を利用する。

根鉢をくずしたところ

 鉢から外してみると、根が鉢底でぐるぐる回った状態になってしまっていた。鉢底の根をほぐし、鋏を使って回っていた根を切ってから植替えを行った。

植替え完了(まだ、しおれている)
水遣り後時間が経って元気を取り戻したオステオスペルマム

 植替えが完了した。植替えと同時に、施肥を行う。他のオステオスペルマムと同様、肥料は、一年間効くものを使用した。今後の成長が楽しみである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください