庭の改造

 先日このブログに記載した通り、庭の改造を開始した。予定では、庭の一部を改造するだけのつもりだったのだが、結局、庭全体の改造まで手を拡げてしまった。雑草取りから始めて、花壇の縁取りの作り直しを行い、本日の作業時間は約三時間。なかなかハードな作業だった。

 過度に発汗すると疲労困憊してしまうので、適度に休憩をとりながの作業を意識した。しかし、肥満体で行う作業である。普通の人なら大したことのない作業でも、すぐに疲れてしまう。

 花壇の縁取りの煉瓦は、本来ならモルタルか接着剤で固定すべきだとわかっているのだが、その手間が面倒なので土に埋め込むだけの簡易式花壇である。

 出来栄えが良くないので恥ずかしいのだが、作業前後の写真を公開しておこう。

作業前、悲惨な状態だ

 作業前の状況を解説しておく。

  • 雑草の処理が間に合わないので花壇の大部分を防草シートで覆ってしまっている
  • 奥の花壇の縁取りの高さが不足しているため、花壇の土が通路にあふれてしまっている(雨で流されてしまったのであろう)
  • 手前の花壇(予定ではこの花壇だけを復活させるつもりだった)の縁取りに置いた花壇が雑草に押し上げられて、動いてしまっている
  • 通路、花壇ともに雑草がはびこっている
作業後
作業後(逆の方向から撮影)

 さっぱりしたことだけは間違いない。時間と金があればもう少し違うやり方もあったのかも知れないが、今はこれで良しとしておく。
 通路はタイル敷きなのだが、通路を清掃してタイルの表面が見えるようにしないと、美観の点で問題だ。美観の問題ばかりでなく、濡れると滑ったりして危険かもしれない。

 行った作業について解説しておこう。

  • 写真奥の花壇は縁取りの煉瓦の置き方を変えて高さを出すようにした
  • 通路にあふれ出た土を花壇に戻した
  • 通路、花壇の雑草を除去した
  • 写真手前の花壇の縁取りの煉瓦を撤去して奥の煉瓦に移設した
  • 手前の花壇の余った土を奥の花壇に移した
  • 手前の花壇の中央に設置していたオベリスクを撤去した
  • 手前の花壇への施肥(一年間効く「マイガーデン元肥用」

 今後行うべき作業をメモしておこう。

  • 写真手前花壇への堆肥のすきこみ(防草シートの下の土が固まっていた)
  • 写真手前花壇への苦土石灰のすきこみ(最後に施してから随分立つので土壌の酸化が進んでいる可能性が高い)
  • 写真手前花壇への本日購入してきた百合(カサブランカ)の球根の植付け
  • 写真手前花壇への花苗の植付け(植え付ける草花の候補は先日の記事のとおり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください